ヤフオクにバイクを出品する

ヤフオクでバイクを売るならリスクも覚悟!

売却するバイク

ひと昔前まではバイクの個人売買といえば、バイク情報誌の個人売買コーナーを仲介して売却相手をみつけたものですが、それに変わったサービスといえるのがインターネットオークションかと。

 

利用者数の面でも最大手とよべるヤフオクを始めとした、インターネットオークションでバイクを売る…ネット上の作業が苦にならない方であれば、売却先の選択肢の1つとして考えても良いかもしれないね。

 

たしかに管理人の小池も、過去に何台も売却(もちろん購入も)した経験があります。確かに予想外に高額で売却できたケースもありました。

 

ただね。

 

やっぱり便利になったとはいえ、個人売買には変わりません。ひと昔前よりも便利になった反面、悪質な落札者や常識の欠けている落札者さんも見受けられます。中には金銭的なトラブルや裁判にまで発展するケースもあるともいわれている。

 

もしそういったリスクに対応できる自信の無い方、トラブルに巻き込まれたくないって方は、小池としては最初からネットオークションなんて利用しない方がいいと思うな。
以下で紹介しているような、安定して高額で査定する売却先にいきなり申し込んだ方が手続きや支払いの面でも間違いないからね…。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

 

 

過去に高額で売却されたバイクもあったけども、正直なところ、バイク買取店の査定額以下で落札されたケースも何度も記憶している。

 

つまり特定の車種では異常な高額に跳ね上がるが、タマ数の多い車両や不人気車となると、途端に落札相場は下がるとい特徴もある。

 

つまりヤフオクのようなネットオークションを利用する前に、愛車の落札相場、取引相場をしっかり調べてから行動しなければいけない…ということだね。

ヤフオクにバイクを出品するなら

バイクを売るならどこがいい…と考えた場合、バイク買取専門店の出張査定や中古バイク店に持込んで査定など売却先はいろいろあるけど、インターネットオークションに出品するというのも1つの選択肢!

 

基本的にインターネットオークションといえばヤフオクが主流ですが、いざ出品してみると思ったより大変なこと多くて焦りましたよ(汗)
まず出品前に各種のヤフオク上の手続き。

 

でもって出品前にバイクの写真撮影。
やっぱり綺麗でわかりやすい写真が添付されていないと高額になるバイクでも高額になりませんからね…。
モロに落札価格に影響する部分なので、手を抜かずにしっかりと撮影しておきましょう。

 

次は商品説明。
とくに中古バイクの場合、エンジンの調子から外装の傷、その他些細なことまで細かく説明しておいた方が入札側としては安心して入札できますよね。
それに後々のトラブルを避ける意味でも全てを詳細まで掲載しておくべき。

 

1つの方法として写真を沢山添付して簡単な説明で詳しくは質問ください…という出品方法もあるけど、経験上、質問が1日に何度も投稿されて返信するのも大変なので、正直おすすめできませんね。
ま、どうしても出品の説明とか苦手って人はそれもありかなーと思いますけどね。

 

そして無事に落札された場合、落札者と取引連絡で引き渡しや支払いについて連絡を取り合う段階です。
実際は悪質な落札者というのは一部とはいえますが、やっぱり初めての取引先ですから十分に注意して取引しましょう。

 

そのためには出品時に取引方法を掲載しておくのがベターでしょうね。
契約書とまではいかずとも、しっかり書面で詳細まで記録して後々にトラブルのないようにお互いで保管しておくと良いですよね。

 

また名義変更等の続きが完了するまでは保証金というカタチで幾らかの金額を預かるというのも良いかもしれません。
できれば引き渡し時は確実に細部まで確認してもらって、後日クレームにならないようにしておきましょうね。

 

このようにヤフオクに出品してバイクを売るのは相当の手間と時間、それに多少の知識なんかも必要です。
おまけに車種によってはバイク買取専門店の査定よりも安くなってしまうケースも多々あります。

 

ですから、どうしてもヤフオクに出品したい方は止めませんが、楽に高額に…ということはありませんのであしからず。
もし出品するにしても、最低1社ではバイク買取専門店で無料の査定を受けておくとよいでしょう。

 

相場を知っておけばスタート価格や最低落札価格の設定に参考になるのでぜひ利用しておくといいかも…どうせ無料だしね(笑)

 

※バイクの個人売買での注意しておくポイントはこちらも参考に!→バイクの個人売買で注意すること

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓