バイク査定の時間

バイク査定にかかる時間と費用の考察

売却予定のバイク

大切に乗ってきた愛車を売却する。

 

そんな場合、過去に20台近くの愛車を売却してきた小池のような方は別として、通常のオーナーさんであれば数々の疑問や不安が生じるかと思う。

 

例えば「どこに持ち込めば最高額で買取ってもらえるのだろうか?」

 

「無料の出張査定を依頼した場合、査定額に納得できなくても売却しなくてはならないのだろうか?」

 

「バイク買取店と中古バイク販売店ではどちらが高額になるのだろうか?」など…。

 

で、中にはバイクの査定にかかる時間や費用について疑問をお持ちのオーナーさんもいるかと思う。たしかに査定の所要時間や査定費用の有無によっては申込む売却先の数も変える必要がでてくるかもしれない。

 

そこで今回は査定にかかる所要時間や費用について以下にまとめておいたので、ぜひ参考にしてもらいたい。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

バイク査定にかかる時間と費用は売却先によって違う!

まず根本的な部分だが、売却方法や売却先によって査定にかかる時間や費用もまったく違ってくる…という部分を念頭に置いてもらいたい。

 

そもそも中古バイク販売店での持込査定とバイク買取店の出張査定では査定スタイルが180度違う。当然ながら所要時間や査定費用にも違いが生じるのだ。

 

さらに「査定」といって良いのか分からないが、ネットオークション経由での愛車売却となれば所要時間や費用は一段と変わってくる。

 

もちろん各店舗の査定スタッフや担当メカニックによっても査定にかかる時間は大幅に変わることも忘れないでもらいたい。あくまで小池が過去に売却してきた際の平均値というカタチで以下に紹介しておく。

中古バイク販売店での持込査定にかかる時間と費用

レッドバロン

まずはレッドバロンやソックス等の大型中古バイク販売店で持込査定した場合の時間と費用から考えてみたい。

 

基本的に査定にかかる費用はまず間違いなく無料だ。

 

稀に事前に連絡し、動かない車両等を出張査定してもらケースの場合、査定費用が発生することもあるが、そういった例外をのぞけば費用はかかることは無い。安心してもらいたい。

 

問題は査定にかかる所要時間である。

 

そもそも中古バイク販売店での持込査定の場合、事前に予約などしないのが一般的…つまり店舗の状況、混雑具合によって査定の所要時間も大幅に違ってくる。

 

仮に週末あたりなら販売担当と数人のメカニックが素早く対応してくれるかもしれないが、平日の午前中など客もまばらな時間帯はスタッフやメカニックも手薄な状態である。

 

店舗とすれば持ち込まれた車両の査定よりも、バイクを購入する可能性のある見込み客を優先しなければならない…つまり持ち込まれた車両の査定は後回しにせざるを得ないのだ。

 

タイミングが良ければ最短で査定が進められるが、店舗の状況しだいでは後回し…最悪の場合は後日といったパターンも少なくない。

 

もし中古バイク販売店の持込査定を検討しているユーザーさんで時間の無い方の場合、多少の手間はかかるが事前に電話連絡して査定の予約を確認しておきたい。

 

あっ、もちろん売却予定の愛車を持込むということは、店舗に向かう時間や燃料費もかかってくる。大した時間や費用とはいえないが、所要時間や費用が完全にゼロではないという事も覚えておきたい。

バイク買取専門店の出張査定にかかる時間と費用

バイク買取店

一方、バイク買取の専門店による出張査定にかかる時間や費用はどうだろうか?

 

結果からいわせてもらえば、販売店での持込査定とくらべ、査定にかかる時間は圧倒的に短い…というのが小池の経験上のデータといえる。

 

というのも、事前の出張査定の予約のタイミングで、愛車の車種や年式、簡単な状態といった情報が相手に伝わっているのである。

 

つまり出張査定当日までに査定スタッフは準備することができる。各店舗には過去の買取データも用意されているので、照合すれば査定するバイクの最高査定額も最低の査定額も一目瞭然なのだ。

 

したがって査定当日は、車両のダメージや状態を確認することや、オーナーさんから簡単なヒアリングを行なうだけで査定は完了する…というわけである。

 

事前に準備している分、間違いなく出張査定の方が短時間で終わる。

 

査定費用に関しては、大手のバイク買取店を選んでおけば出張査定費用を請求される心配は一切不要だ。各店舗の公式サイトで大々的に記載しているように「買取不成立でも査定費用は0円」である。

 

とはいえ小さなバイク買取店や無名のバイク買取店の中には「買取不成立の場合にかぎり、出張査定費用が発生する」という店舗もあるようだ。

 

残念ながら大手のバイク買取店から選んで査定している小池は、そういった店舗を未だ利用した経験は無いが、どう考えてもそんな店舗が高額査定を提示するはずもない…最初から候補から外しておくのが無難だと思う。

ネットオークションにかかる時間と費用

ヤフオク

査定にかかる時間と費用…というと若干ニュアンスが違うような気もするが、番外編的にネットオークション等による個人売買での時間と費用も触れておきたい。

 

まずヤフオク等のネットオークションにバイクを出品する場合、出品の準備だけでも相当な時間とエネルギーを消耗するはずだ。

 

バイク業界の人間ならまだしも、一般的なオーナーさんがバイクの綺麗な写真を撮影したり、詳しいスペックや状態を説明するのは骨の折れる作業といえる。

 

こういった作業を金銭に換算することなど不可能かもしれないが、小池としては数万円以上の労働に値すると感じている。

 

また所要時間も思いの外、時間を要する。

 

ネットオークションの特性上、少しでも高く売却するには、それなりの期間を設定して出品しなければならない。通常は一週間程度先にオークションの終了を設定することになる。

 

つまり最低でも一週間先まで売却は先延ばしとなるのだ。それだけではない、運良く落札された場合でも、取引連絡や引き渡しの打合せ…実際に入金されてバイクが相手に渡るまではもう一週間程度は覚悟しておきたい。

 

残念ながら時間も費用も膨大にかかるのがネットオークションの特徴なのだ。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓