高く売れるバイクの車種・ジャンル・タイプ

こんなモデルなら高額が期待できる!

売却先があなたの愛車を査定する場合、もっとも気にしている部分とはどういった部分なのか?

 

これに関しては、車両の状態や中古市場での人気…と様々な部分があるかとは思うが、正直な話、買取ったバイクを業者オークションに出品し、十分な利益が見込めるかどうか…という部分をもっともきにしているのは間違いない。

 

査定スタッフとしては、確かに査定交渉の折り合いがつかず買取が不成立になることも恐れている部分でもあるけれども、それ以上に買取ったバイクが相場通りに売却できず、赤字になることも非常に怖い。

 

結局のところ、中古市場で高額で取引される車種やジャンルについては、無条件で高く買取ってもらえる…ということかもしれない。

 

逆に購入価格の高いバイクや極上の程度であるバイクでも、中古市場での取引相場がイマイチでは高く査定してmじょらう事は厳しい…ということを意味している。

 

まあ、そういった業者オークション相場や中古バイク市場の相場といった部分は素人では知ることができないから、知りたければ無料の出張査定を利用してみるのが手っ取り早いかと思うよ。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

 

ところがね。

 

面白いことに、同じような買取店に見えても、各買取店ごとに独自の販売ルートをもっているわけですよ。

 

例えばバイク王であれば自社のダイレクトショップであったり、バイクランドなんかも実店舗で販売も行なっています。(他店舗でも増えています)さらに海外に輸出したり、部品取りとして再利用するケースもあるわけです。

 

つまりね、同じ車両でも買取後の流通ルートによって愛車の価値が変わるということでもある。だから査定額も大きく違ってくる事が普通にあるのですね。

 

だから自分ではまったく価値の無い…と思っていたバイクが数十万円で査定されたなんて話もあれば、反対にソコソコの金額を期待していた車両が、査定してみたところタダ同然だった…という話も普通にあるわけですよ。

 

もちろん少しでも高額な売却先を見つけたいのであれば、地味な方法かもしれないけれど、1つでも多くの売却先の公式サイトをチェックして、ガンガン申し込んでみる以外ないだろうね。

高く売れる車種やジャンル

売却するバイク

一般的に以下の条件のバイクについては、確実に高額での売却が期待できるといわれているから、愛車が高額査定されるかどうか不安な方は、条件を良くみておくといいかもしれない。

 

バイク買取業者のよっては、タマ数が多いから…とかこの色は不人気だから…なんて、あれこれ理由をつけて減額してくるかもしれない…。

 

そんな場合、他店舗でも査定を計画しているから、こちらからお断りする…なんて行動力も時には必要だろうね。

 

バイク買取店の査定スタッフとしては、収穫なしで終わることをもっとも恐れているわけでから、こちらの強気な態度を感じて、限界額まで付き合ってくれる可能性もあるからね。

 

 

高年式車
比較的、最近の車両、とくに現行車であれば試乗での人気も価格も安定しているため、確実に高額で買取ってもらえるはず。しかし注意してほしいのはモデルチェンジのタイミング。大幅なモデルチェンジになると買取価格も一気にグーンと下落するっことが予想される。

 

もし、バイクを売却することが決まっているならモデルチェンジの前に手放しておきたいところです。
バイク雑誌などでモデルチェンジ情報が出始めてしまう前に行動しないと後でガッカリすることに…。

 

レア車・希少車
もちろんプレミア価格で買取してもらえる可能性があるレア車。なかでも最近では国産の旧車や80年台後半〜90年台の2ストレーサーレプリカなどはタマ数が不足しているため驚くような買取価格が期待できるかもしれない。
そんな時こそ、慌てて売却せずに複数社でしっかり出張査定して1番高い買取業者をみつけることが大切。>中には即決してくれたら数万円プラス!と即決をもとめてくる買取業者もいるかもしれないが、しっかり我慢して最終の買取業者まで確実に査定しておきたい。予想より高額査定になると、どうしても「これくらいなら良いかな?」と感じてしまうが、公開のないように気になる全社で査定しておこう。

 

カスタム車両
以前はノーマル車両に比べ、カスタム車両は査定額が安くなりがちだったけど、最近ではバイク買取業者によってはしっかりアフターパーツまで高額に査定してもらえる業者もでてきています。もちろん合法のパーツである必要があるが、人気のあるカスタムの場合はしっかり評価してもらえる。
さらに取り外したノーマルパーツも査定時に同時に提出すればしっかり買取ってもらえるから忘れずに!

 

こちらの記事も高額売却の参考にしてください→愛車をできるだけ高く売るポイント

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓