バイクの個人売買で注意すること

売却するバイク

愛車を個人売買で売却することについてはこちらの記事、ヤフオクにバイクを出品するでも詳しく解説していますが、売却相手によって非常に面倒なケースになったりトラブルに巻き込まれるケースもあるので、注意してもらいたい。

 

とくにひと昔前と違い、個人売買の中心はヤフオクのようなネットオークションが中心になってくるかと思うが、利用者数が増えて便利になった反面、詐欺のような悪質な入札者や、病的な神経質ともいえる落札者なんて場合もある。
なので少しでも高く売りたいのでヤフオクや個人売買を利用する…といった安易な利用は控えた方がいいかもしれないな。

 

たしかに希少車やマニアックな車両の場合、買取店や販売店で査定するよりも高額になるケースもある。

 

しかし、それはどちらかと言うとレアケース。一般的なバイクの場合、安く購入したい入札者が中心なのだから、思うように落札額は高くならない…といった事も知っておくべきかもしれないな。

 

悪質な落札者や、音信不通の落札者、異常に細かい落札者…といったリスクに対応できない人であれば、最初から小池の利用している売却先に申し込んで査定しておいた方がいいだろうね。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

 

では、どんな車両ならインターネットオークション等を利用すべきなのか?

 

これは前述した通り。中古バイク販売店や、GooBikeのようなネットのバイク情報でも見つけるのが困難なレアな車両の場合、ヤフオクに出品するリスクを考えても試してみるのもいいだろうね。

 

そういった車両の場合、中古バイク販売店や買取店でも高額査定にはなるけれども、やはりエンドユーザーに直接売却する方が高くなるのは間違いないから。

 

インターネットオークションの特性上、二人以上の入札者が存在すれば、予想外に高沸するケースも考えられるから、愛車の写真を撮影したり、バイクの詳細を説明したり、ネット上の作業全般が苦手じゃない…なんて人は試す価値があるといえる。

ヤフオクや個人売買には注意が必要
最近ではバイクを手放す方法としてメジャーな手段ともいえるヤフオクなどのネットオークションを利用した売却方法。
他人の体験談などで「高く売却できそう・・・」とイメージしてしまいがちだが、少し注意が必要なんです。
以外な落とし穴や面倒くさいて続きも多い手段なので、よく検討した上で選ぶほうが良いかもしれません。

 

バイク買取業者やショップへの売却の場合はほぼオマカセで手続きが進められるが、個人売買の場合は双方で名義変更やその他の手続きをする必要がある。
一般的にバイク引き渡し後に購入者側で変更手続きが行われるが、その際、しばらく手続きが行われなかったり、悪質な購入者の場合はそのまま乗り続けたりというトラブルも少なくない。また個人売買だとしっかりと売却についての書類が残っていないため、後になって言った言わなかった…なんてトラブルで長引くタイプが多いというのも特徴。

 

ですから簡易的なものでかまいませんのでバイクの車体番号やお互いの名前、売却の金額、日時、手続きについての決め事などを契約書のような書類を売却する側で準備して署名や印をもらっておく方が、後にトラブルになりづらいとされています。
面倒くさいかもしれませんが、後々、揉めたり裁判になったりした場合に役立つはずです。そんな時の保険のつもりで確実に残しておきたいところですね。

 

ネットオークション出品前にしておこう
また個人売買の場合でも事前にしっかりと愛車の相場を知っておかないと「思ったより安く落札されてしまった…」なんてことにもなりかねません。そのためにも出品前に買取業者を利用して無料査定で買取価格を知っておく方がよいでしょう。車種によってはネットオークションより高値ということも考えられるため、できれば買取業者での査定額とネットオークションでの同車種の平均の落札価格を比較してみても良いかもしれません。

 

 

※その他、バイク査定どこが高い?高額査定につながるポイントバイク売却時の査定交渉での注意点に関しては各個別ページで説明していますので参考にして下さい。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓