ローン返済中のバイクを売る

ローン返済中でも可能です

(※当ページは2017年4月14日にに更新されました)

 

売却するバイク

何らかの理由でバイクを売却したいけれど、まだローン返済中だから無理かも…と心配している人もいるかもしれませんが、意外とローン返済中のバイクでも普通に買取してもらえるものです。

 

もちろんローン返済中ということで所有者が自分になっているケースもあればバイク販売店やローン会社の名義になっているケースもあるかもしれません。

 

まあ、どちらにしても売却できないという事はありません。売却先としては、何らかの方法を駆使して買取するはず。

 

もちろん個人売買やネットオークションは手続きが大変なので、正直ローン返済中は厳しい…といえますがバ大手のバイク販売店やバイク買取店ならまず心配不要かと。

 

ただね。

 

ローン中のバイクは基本的にそのまま売却することはできません。ローン中のバイクを売却する場合、ローンを一度精算するか売却先の用意してくれるフォロークレジット等を利用するのが条件となってきます。以下の様な買取店であれば、どこでも用意しているかと思います。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

ローンの残債が売却額よりも大きい場合

例えばバイクの査定額が残債よりも安くなってしまった残念な場合、愛車を売却するにはローンの残債から売却額を引いた金額を現金で用意して精算するか、売却先の提携しているローン会社でフォロークレジットを組み直す必要があります。その場合、フォロークレジットの金利や支払い総額をしっかり確認してから利用することを忘れずに

 

ローンの残債が売却額よりも小さい場合
バイクの査定額がローンの残債を超えた場合は普通に買取してもらえます。売却代金の中からローンの残債を差し引いてローンを完済させてから残りの差額を支払ってもらえるはずです。この場合、フォロークレジット等のお世話にならずにそのままローンも終わりバイクも売却できるので理想的な売却パターンだといえますね。

できればローン返済が終わってから売却する

売却するバイク

もちろん急ぎの理由で売却しなくてはならないパターンもあるでしょう。もちろん法的にもローン中のバイク売却は一度精査するので何の問題もありません。

 

しかし新たにフォロークレジットを組み直してしまうと無駄に手数料や利息がかかってくることも考えられます。ですので理想としては愛車のローン返済が終わるまで売却を遅らせる方が良いといえます。

 

どうしてもローン返済中に売却するパターンでも売却代金で残債を全て精算できる状態で手放した方が良いのは言うまでもありません。バイクに乗り続けていると、どうしても新しいバイクが欲しくてローン中でも買い替えてしまおうか?といったシチュエーションは誰でも経験があるかと思います。

 

しかし自分の今後の支払いのためにも少し冷静になって残債やバイクの査定額を比較して無理のないタイミングで買い替えを行っておきたいものです。
※車検の切れたバイクの場合はこちらを参考に!→車検切れのバイクならここに売る

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓


ローン返済中のバイクを売る時はここに注意関連ページ

事故車のバイクを買取してもらう場合の注意点
事故車の買取相場や買取の注意点、事故車を査定する時の減額ポイントを詳しく説明しています。
車検の切れたバイクはどこに売るべきか?
車検の切れたバイクはどこに売却すれば良いのか具体的に説明してます
事故車・故障車・動かないバイクの場合
事故車・故障車・動かないバイクを売る時に気をつけておきたい事を説明しています
原付きバイクを売るならどこがいいのか?
原付バイクや50ccのスクーターを売るならどこにすべきか?具体的な部分まで詳しく解説しています
故障したバイクを売る!おすすめの売却先を比較
エンジンの掛からないバイクを売却したい!そんな場合の査定前のチェックするポイントを説明