事故車のバイクを買取

事故者のバイクの相場はピンキリ?不動車や故障車バイクの査定基準

(※当ページは2017年6月30日に更新されました)

 

売却するバイク

バイクを売却する方が少しでも高額で手放すために、ちょいちょい情報を発信している当サイトに、先日「事故車のバイク 相場は?」といった検索ワードで来られた方がいたようです。

 

この検索ワードのみでは、ユーザーさんのバイクの状態を知ることはできませんが、きっと事故で動かない状態のバイクの処分に困っての検索かと思われます。

 

で、ですね。この事故車のバイクの相場なんですが、まあ買取相場については正直あんまり期待できないのは間違いありません。とはいえ状況によってはソコソコな相場になるってケースも稀にあるものです。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

買取相場は事故車バイクの状況、修理にかかる費用で決まる

もう簡潔に言ってしまえばこの部分につきます。

 

例えば事故車といってもフレームにダメージ無し、エンジンも大きな問題無し。ダメージといえばハンドルバーが曲がってしまい、ミラーやカウル類に傷やダメージ、ステップが折れたり曲がったり、マフラーのサイド面に傷と若干の歪み...。

 

こんな場合でしたら、事故車といっても十分に査定額を期待してもいいかもしれませんね。というのも、どれも大きく修理費用がかかるダメージではありませんからね。

 

査定でもっとも重要なフレームとエンジン関係にダメージが見つからないこういった場合、事故車といっても査定での大きな減額になるほどではありません。

 

一方、フロントフォークが完全に歪み、前ホイールも歪み、前輪パンク、タンク凹み、フレーム側面に大きな削れ…といったパターンになってくると状況は変わってきます。

 

こんな状態だと、修理や部品交換にそれなりの費用がかかってくるのは間違いありませんし、フレームのダメージも最悪の場合は買取不可になる可能性もあるかもしれません。

 

つまり事故車のバイクの相場は、事故の度合いやダメージの程度によって決まるので、まずは愛車の状態がどんな感じなのかをチェックしてみることをおすすめします。

事故の程度よりも車種の違いで大きな差がでる

売却するバイク

もう完璧に廃車確定といったバイクの場合、残念ながらどのバイク買取店の出張査定でも買取不可と判断される可能性は高いと考えておいた方がいいでしょうね...「どんな事故車でも♪」なんて広告出してますが、まああれは広告なんで。

 

実際のところ、買取しても鉄くずにしかならない場合、廃車の手続きや引き下げ料といった部分を考えても、逆に処分料を請求されることも覚悟しておきましょう。

 

しかし修理すれば普通に乗れるレベルの場合、ある程度の査定額は提示されるはずですが、注意しておきたいのは車種によってバイク買取店や中古バイク販売店の扱いが大きく変わるって部分かもしれません。

 

単純に希少な車種、程度が良好なら高額で取引されるバイクに関しては、多少の事故車でもダメージが大きくともソコソコの査定額で買取してくれるもんです。

 

いわゆる旧車とよばれるホンダやカワサキの名車なんかだったら、それこそフレームが終わっていない限り、どうにかしてレストアして高額で売却したいでしょうから、派手に事故ったバイクでも高額査定なんてケースもあります。

 

また逆に、250ccの中途半端に古いビッグスクーターで外装が事故でボロボロ...こういった場合は買取して修理したとこで大した高額で販売できません。つまりバイク買取店や中古バイク販売店にとっては美味しいバイクではありません。

 

なので事故を理由に買取拒否といった可能性も十分に考えられます。

事故車のバイクを売却する場合の査定基準

中古バイクの買取には査定基準というチェックするポイントが決められています。

 

基本的にはフレーム関係、エンジン関係、保安部品・電装関係、外装関係、フロント周り、リア周りといった6つの項目をそれぞれ7段階に査定、その後、各項目の評価をまとめて、車両全体の最終的な評価を下します。

 

ここで注意して欲しいのですが、査定額の相場を大きく左右するはフレーム関係とエンジン関係だということ。もちろん各項目とも査定額の減額につながる部分ですが、フレームやエンジンの評価が悪いと大きな減額につながる上、最悪は査定不可になる場合もあるということ。

 

つまり言いかえればけっこう派手に事故ったバイクでも、フレームとエンジンに大きなダメージが無ければ、ソコソコの査定額は期待できるってことでもあります。

 

また素人目にはダメージがい大きいような状態でも、プロの査定士からみれば大したダメージじゃないケース、逆に大したダメージじゃないと思っていても、プロから見れば致命的なケースもあります。

 

というわけで勝手に判断して廃車手続きなんて絶対にしないで下さい。まずは幾つかのバイク買取店で査定を繰り返し、どの店舗でも残念ながら査定がつかない...って場合に初めて廃車を検討して下さいね。

事故車のバイクを売却するときに利用価値の高い出張買取

事故車のバイクを売却ってパターンの場合、普通に考えればトラックやトランポを所有していない限り、買取店や販売店に引き下げに来てもらうケースになってきます。

 

バイク王やバイクランドといった大手のバイク買取店なら、買取が成立してもしなくても確実に無料で出張査定に足を運んでくれます。また最近では大手のレッドバロンのような中古バイク販売店でもアポをとれば中古バイクを査定に来てくれるようです。

 

自分で持込んで査定するのが厳しいですから、まあ普通に考えればそういった出張買取や出張査定を利用しておくのが無難な選択だといえるでしょうね。

 

ただし注意しておきたことも。

 

大手の買取店ではそういった店舗はありませんが、中小のバイク買取店の中には「無料で出張査定!」と広告を出しておきながら、実際には買取が成立しなかった場合は出張費用が発生するといった業者も少なからずあるようです。

 

もちろんしっかりと公式サイトや電話で確認しておけば教えてくれるのでしょうが、大手のつもりで試しに出張査定を申込んでトラブルになるケースが後を絶たないようですね...。

 

まあ普通に考えても、そういった出張費用を請求してくるようなバイク買取店は、査定したところで高額査定な望めないので最初から査定に申し込んじゃいけなってことですね。

 

※こんな場合だけでなく、バイク売却時の査定交渉での注意点車検の切れたバイクはどこに売るべきか?といった状態については個別ページで解説しているのでご参考にどうぞ。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓


事故車のバイクを買取してもらう場合の注意点関連ページ

車検の切れたバイクはどこに売るべきか?
車検の切れたバイクはどこに売却すれば良いのか具体的に説明してます
ローン返済中のバイクを売る時はここに注意
ローン返済中のバイクを売る時に注意して欲しいことを分かりやすく説明しています
事故車・故障車・動かないバイクの場合
事故車・故障車・動かないバイクを売る時に気をつけておきたい事を説明しています
原付きバイクを売るならどこがいいのか?
原付バイクや50ccのスクーターを売るならどこにすべきか?具体的な部分まで詳しく解説しています
故障したバイクを売る!おすすめの売却先を比較
エンジンの掛からないバイクを売却したい!そんな場合の査定前のチェックするポイントを説明