バイクパッションの買取と査定額

バイクパッションの査定額は?

大切なバイクをどこに売ればいいのか…と考えた場合、ひと昔前と違い、ここ数年で選択肢は増えたと感じている。

 

初めての愛車売却といった売却ビギナーさんあたりなら、まず最初にバイク王やレッドバロン等を考えるのではないだろうか。もちろん選択肢としては悪くない。

 

そして過去に何台か愛車を売却してきたようなバイク売却中級者さんとなれば、バイクランドやバイクワン、持込査定ならソックスあたりを考えるかもしれない…もちろん小池としてもお勧めの店舗のひとつではある。

 

そんな中、バイクパッションの出張査定を受けてみようか…というオーナーさんがいたとすれば、相当な通の方か、バイク売却に関する嗅覚の鋭い方といえる。

 

今回はややマニアックな売却先として、ここ数年で知名度を上げてきたバイクパッションについて考えてみたい。

 

↓いろいろ試してわかった2017年度のおすすめ店舗↓

バイクパッションの概要と特徴

バイクパッション公式

もしかしたらバイクパッションについて予備知識の無いユーザーさんもいるかと思う。まずはバイクパッションの簡単な情報を説明しておきたい。

 

バイクパッションは横浜に本社を構える出張査定をメインとしたバイク買取、販売の店舗である。各地に拠点はあるが、本社のある横浜には多くの中古バイクを展示した販売店舗も用意されている。

 

もしかしたらネット上の広告や雑誌で、パッション屋良の登場するバイク店の広告を、目にしたことがあるのではないだろうか?

 

そう、それがバイクパッションである。最近テレビでは見かける頻度が少ないが、お笑いタレントのパッション屋良さんが広告キャラクターとなっている。この辺りはアントキの猪木さんを起用しているバイクボーイに近い部分もある。

 

数あるバイク買取店の中でも後発組といえるバイクパッションは、小池の知る限りメジャーになってきたのはここ10年程度だという気がする。

 

ちなみに小池も過去にバイクパッションで査定した経験があるが、残念ながら他社の査定額の方が高額だったため、結果としては査定のみで終わってしまった記憶がある。とはいえ他の大手バイク買取店の多くよりも高額だったので驚かされたものだ。

バイクパッションの公式サイトは申込み前にチェックすべき!

公式サイトをチェック

そこそこ高額な査定額、直営する販売店舗…とバイクパッションのメリットはいろいろある。だが小池としては、バイクパッションの大きなメリットといえば公式サイトの情報だと考えている。

 

まずバイク売却前にユーザーさんが知りたい情報、いや知っておくべき情報が満載なのだ。バイクの状況別の売却方法に始まり、分かりづらい手続き関係の手引、さらには直近のバイクメーカー別の買取り例まで詳しく掲載されている。

 

この手のバイク売却関連のサイトを運営している小池も様々な公式サイトを拝見するが、どのバイク買取店と比較してもバイクパッションの公式サイトはよくできていると感じる。

 

ちなみにバイクボーイの公式サイトもユーザーさん目線で親切なつくりだが、バイクパッションも同様かそれ以上である。

 

小池のように20台近くのバイクを売却しているような人間には不要な知識かもしれないが、売却経験の浅いユーザーさんにはとても有難い情報がたっぷりである。

 

バイクパッションに申込む申し込まないは別として、とりあえず売却前に一読しておいて損は無いかと思う。

バイクパッションは査定に申込むべき一社…だが他社とも比較する!

売却先比較

残念ながら過去にバイクパッションを利用したものの、結局は一度もバイクパッションに買取ってもらった経験の無い小池だが、それ以降けっこうな頻度で出張査定だけは申込むようにしている。

 

せっかく複数のバイク買取店で査定を受けるのなら、高額になりやすい店舗をピックアップして査定を受けるのは鉄則である。そういった意味では、売却先選びの候補として頭に入れておくべき買取店なのは小池が保証しておこう。

 

そもそもバイク売却において査定額は水物だ。バイクの車種やジャンルによってどの店舗が高額になるのかは正直小池をもってしても予想などつかないのだ。

 

もし高額で売却したいのなら、過去のデータ的に高額になりやすかった店舗、そして車種やバイクのジャンルに合った店舗を幾つかピックアップして一社でも多くの売却先で査定することだけだ。

 

もちろんバイクパッションも念のため申込んでも良いかと思う。だが格付け的にはバイクパッションよりも大手とよばれる売却先で査定しておきたい。

 

小池の過去の売却データを考えてもバイクパッションより高額な店舗はいくつもある。参考までに以下にバイクパッションより高額になりえる売却先をピックアップしておいたので確認しておくと良いだろう。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓