ゼファー(ZEPHYR)1100売却高額査定

ゼファー(ZEPHYR)1100を売る場合の注意点と高額売却のコツ

ゼファー1100

こんにちは、小池です。

 

今回はこれまでの管理人のバイク売却経験をもとに、ゼファー1100を売る時の注意点やコツを詳しくまとめておきました。

 

このページをご覧の方の多くはゼファー1100の売却先を探されているかと思います。

 

ですが慌てて申込まずに、ぜひ最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

また車種別の売却のポイントについては以下で詳しく解説していますが、もっとも大切なことはゼファー1100をもっとも評価してくれる店舗をみつけることになります。

 

最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、一社でなく2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、他社の査定額を引き合いにだすことで査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

ゼファー(ZEPHYR)1100売却でもっとも査定額に影響する部分とは

ゼファー1100メンテナンス

ではさっそく、ゼファー1100売却時の査定で注意すべき部分をお伝えしておきます。

 

まずゼファー1100の4ストローク空冷DOHC2バルブ並列4気筒エンジンです。

 

このエンジン、基本的に走行中に突然ぶっ壊れるような事例こそ少ないものの、ホンダ車等にくらべるとトラブルの多いエンジンには違いありません。

 

ある意味、カワサキ車っぽい…と言われればそれまでですが、1万、2万と走行距離が伸びるにつれタペット音やカムチェーン周辺の異常摩耗による異音が大きくなる傾向があります。

 

ただ個体差が大きいことも事実で、ほとんどノーメンテナンスで乗り続けているものの、大した異音の出ない車体もあれば、反対にコマメに手入れしているにもかかわらず尋常ではない異音の大きな車体もあるようです。

 

この辺りは査定前にタペットクリアランス調整やカムチェーンテンショナー等の交換や調整によってある程度は改善できる部分ですが、ショップに預ける場合はそれなりの費用が予想されるので考えどころかと思います。

 

その分だけ査定額が高くなるのか…というと微妙な部分もあるので、多少の異音についてはそのまま査定に臨んでみることもひとつの選択肢だともいえますね。

 

ただひとつ確実なことは、多少でもエンジン関係に不安のあるゼファー1100を査定する場合、必ず複数の店舗で査定してみた方が良いことです。

 

複数店舗で査定することで、様々な査定士やメカニックに会うことになります。

 

査定士やメカニックの中には、厳しく減額してくる方もいれば、多少のエンジンからの異音もカワサキ車なら当然と判断してさほど査定額に影響しないパターンも考えられます。そういった店舗に売却できればそれなりの査定額は期待できるはずです。

ゼファー(ZEPHYR)1100を売る前の下準備

オイル交換

中古市場のリッタークラスの中でも高値をキープしているゼファー1100の。

 

査定時にこれといって特別にチェックされる部分もありませんが、しいて挙げるならミッションの状態くらいのものです。

 

というのも低年式のゼファー1100の場合、けっこうな確率でギア抜けの頻発する個体も多くみられました。

 

なのでゼファー1100に詳しい査定士やメカニックの場合、ミッションの入り具合までチェックしてくるケースも想定されます。

 

もし不運にも査定のタイミングでギア抜けが連発した場合、ミッションオイルの交換時期や交換頻度、使用したオイルといった部分を突っ込まれ、多少なりとも減額してくるケースもあるでしょう。ぜひ査定前に試走してチェックしておいて下さい。

 

あとはゼファー1100だけの話じゃありませんが消耗部品の状態も一度しっかりと総点検しておいて下さい。

 

リッタークラスの車体の場合、小排気量のバイクより各消耗部品の価格も高めに設定されています。

 

仮に売却前の点検でエンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等の交換が必要となった場合、それなりの出費が予想されます。

 

そのまま査定に臨んでも構いませんが、査定士やメカニックの判断によってはそれ以上の減額につながるケースもあります。

 

もしご自分でメンテナンスできる方や良心的な行きつけのショップがある場合は事前にめぼしい部分だけでも消耗部品の交換をしておいた方がいいかもしれません。

ゼファー(ZEPHYR)1100を相場より高く買取してもらう!

ゼファーカスタム

愛車のゼファー1100を相場以上で売却するなら上記の消耗部品の状態なんかもポイントになってきます。

 

ただそれ以上に査定額を大きく左右するのが、ノーマル状態かカスタム車両か…という部分になってきます。

 

ゼファー1100の場合、大半の車両はライトカスタム程度がなされているかと思いますが、もし純正部品を保管している場合は査定前に純正部品に戻しておくことをお勧めしておきます。

 

キャリヤ関連やセキュリティ関連は別として、マフラーや外装関係のカスタムパーツの多くは、ユーザーさんの好みが分かれる部分です。

 

せっかく購入しかけたユーザーさんがカスタムパーツが気に入らないことを理由に購入に至らないケースも普通にあることです。

 

買取したバイクを最短で売却することが買取店舗にとってもっとも大切なことです。そういった妨げになるカスタムパーツは残念ながら減額対象になることは覚悟しておきましょう。

 

また車体の保管状況が悪かったと判断された場合、買取後に予想外のトラブルが頻発する可能性もあるので査定額は全体的に低めになってきます。

 

そこでオーナーさんの多くは査定前に愛車を綺麗に洗車して査定に臨むわけですが、カウルやタンクといった外装部品に気を取られて足回りや下回りがおろそかになっているケースも多いと感じます。

 

とくに1996年以降のゼファー1100RS、いわゆるZRT10Aなどはキャストホイールからスポークホイールに変更されているのでリムのスポーク穴付近など錆がもっとも発生しやすい部分になります。

 

プロの査定士やメカニックとなると、外装部品なんかよりもこういった目立たないが保管状況が顕著にわかる部分をチェックします。

 

いくら査定当日に外装部品がピカピカに磨き上げたところで、これまでの数年間の保管状態が一目瞭然なのです。見落としがちな部分なので注意してください。

ゼファー(ZEPHYR)1100の売却先選びは慎重に!

査定前

ここまでゼファー1100売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、当サイトを読んで勉強することも以上に売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしゼファー1100を最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓