TMAX(530・ABS)売る高額査定

TMAX(530・ABS)を売る場合の注意点と高額売却のコツ

tmax

こんにちは、小池です。

 

今回はこれまでの管理人のバイク売却経験をもとに、TMAXを売る時の注意点やコツを詳しくまとめておきました。

 

このページをご覧の方の多くはTMAXの売却先を探されているかと思います。

 

ですが慌てて申込まずにぜひ最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

また、車種別の売却のポイントについては以下で詳しく解説していますが、それ以上に大切なことはTMAXをもっとも評価してくれる店舗がみつけることになります。

 

最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、一社でなく2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、他社の名前を引き合いにだすことで査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

TMAX(530・ABS)売却でもっとも査定額に影響する部分とは

tmaxカスタム

ではさっそく、TMAX売却時のポイントや注意点をいくつか絞ってお伝えしておきます。

 

まずこのページをご覧の方ならご存知かと思いますが、TMAXの歴史を考えた場合、大きく4つのモデルにわけることができます。

 

まず初代といえるキャブレター方式のSJ02J、排ガス規制強化に対応しフューエルインジェクションを採用したSJ04J、唯一の弱点といわれる足回り強化が図られたSJ08J、そしてエンジンが530にボアアップされたSJ12Jになります。

 

比較的、短期間におこなわれたモデルチェンジのため、査定額にそう影響がないように感じますが、実は査定額や買取相場にも大きく影響しているといえます。

 

試しに中古市場でのTMAX(530・ABS)の取引相場をチェックしてもらえば納得かと思いますが、モデルが古くなるほど中古相場も大幅に安くなってきます。

 

もちろん中古相場と買取相場は直結しています。査定額も同様に低年式になるほど大きく数字が下がることは覚悟しておきましょう。

 

またTMAX売却時で少々気になる部分といえば、初代のSJ02Jで頻発したカムチェーンテンショナー関連のトラブルです。

 

キャブ時代のTMAXの場合、けっこうな頻度でカムチェーンテンショナーに問題を抱えた車体があったようで、たしか後にリコール対象となった気もします。

 

エンジンが始動できない状態まで進行せずとも、カムチェーン付近からガシャガシャ音が聞こえている場合はカムチェーンテンショナーが正常に機能していないケースが考えられます。

 

もちろん査定時に発覚した場合は容赦なく減額対象になるので事前にしっかりと点検しておいて下さい。

 

もしかしたら愛車がリコール対象車両になっているケースもあるので不安な方はヤマハの公式サイトでリコール情報をご確認ください。

TMAX(530・ABS)を売る前の下準備

tmaxメンテナンス

基本的にTMAXという車種の場合、その多くはバイク知識や運転技術の高いオーナーさんかと思います。

 

そのせいか中古市場でも非常に状態の良い車体が多いという印象があります。

 

大抵はエンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッド等、しっかりと適正な時期に交換されていることでしょう。

 

ですが一方でスポーツバイクというカテゴリーに含まれるTMAXだけに、他メーカーの同クラスの車両よりも派手にブン回されてる車体が多いことも事実です。

 

中にはTMAXのパフォーマンスを確認すために、わざわざワインディングまで持ち込むオーナーさんも少なくないかと思います。

 

もちろん街乗りでのんびり使用された車体とワインディングでマックスまでブン回されていた車体では各部の負担も変わってきます。

 

それなりのスポーク走行に利用されたTMAXの場合、各ベルト類、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等もかなりの摩耗や劣化が予想されます。

 

基本、どの売却先の査定士も上記の部分を中心にチェックしてくるはずです。もし大幅な減額が不安な方は事前に一度愛車を点検しておくことをお勧めします。

TMAX(530・ABS)を相場より高く買取してもらう!

tmax査定額

では愛車のTMAXを相場より高く査定してもらえるパターン、相場以下になるパターンを詳しく解説してみます。

 

まず上記でも軽くふれましたが、初代のキャブ仕様のSJ02Jでカムチェーン付近から多少でも異音やガシャガシャした様子がうかがえた場合、残念ながら査定額は容赦なく減額されかなり厳しい金額になってきます。

 

もっとも買取側としても、カムチェーンテンショナーに爆弾を抱えたSJ02Jを買い取ること自体が非常にリスキーな行動なのです。

 

買取後に異音が大きくなり開けてみたらカムチェーンからカムチェーンテンショナー、カムチェーンガイド等の異常摩耗が確認されて一式交換…という可能性も無くもありません。

 

放置すれば最悪は事故にもつながる可能性さえある不具合ですから査定額も弱気になるのも当然のことではあります。

 

 

一方、相場以上の査定額がもらえるパターンとしては、当たり前ですが高年式のSJ12Jで無事故・無転倒といった車体となれば予想以上の査定額になる可能性、大かと思います。

 

また、状態がどうであれブラックマックス仕様は中古市場でも人気の一台で、慢性的にタマが不足しているためか高額査定になりやすいといえます。

 

そして全モデル共通していえることになりますが、消耗部品が適切なタイミングでしっかりと交換されている車体は減額対象部分が少ないために相場以上になりやすいのは言うまでもありません。

 

TMAXにかぎった話ではありませんが、大型スクーターの場合、Gマジェやスカブといった中型スクーターより各消耗部品の価格も高めに設定されています。

 

仮に売却前の点検でエンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等の交換が必要となった場合、それなりの出費が予想されます。

 

そのまま査定に臨んでも構いませんが、査定士やメカニックの判断によってはそれ以上の減額につながるケースもあります。

 

もしご自分でメンテナンスできる方や良心的な行きつけのショップがある場合は事前にめぼしい部分だけでも消耗部品の交換をしておいた方がいいかもしれません。

TMAX(530・ABS)の売却先選びは慎重に!

tmax査定申込

ここまでTMAX売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、当サイトを読んで勉強することも以上に売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしTMAXを最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓