ドラッグスター250売る高額査定

ドラッグスター250を売る場合の注意点と高額売却のコツ

ドラッグスター250

こんにちは、小池です。

 

今回は過去の管理人のバイク売却経験をもとに、ドラッグスター250を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まずバイク売却でもっとも大切な部分なので最初にお伝えしておきますが、同じようにみえる買取店舗や販売店の中にもドラッグスター250の買取りに意欲的な店舗もあれば、そうでない店舗もあるということ。

 

言いかえれば、愛車売却でもっとも大切なことはドラッグスター250をもっとも評価してくれる店舗をみつけることになります。

 

なので慌てて売却先を選んだりせず、当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。いくつかのポイントをおさえるだけで相場以上の査定額になるかと思います。

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する!

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、先入観で1つに絞らず少なくとも2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、競合他社の査定額を引き合いにだすことで、足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

ドラッグスター250売却でもっとも査定額に影響する部分

ドラッグスター250査定額

ヤマハ車の中でも熟成された感のある、ビラーゴ系の空冷OHC2バルブ60°V型2気筒と搭載した本格クルーザーバイクといえばドラッグスタ-

250です。縮小方向にある250tアメリカン市場において、貴重な現行生産モデルといえますね。

 

では今回はそんなドラッグスター250売却時の査定額について幾つかお伝えしておきます。

 

まず大抵のアメリカン車両にいえることですが、査定額を判断する基準として2007〜8年の排ガス規制強化に対応するモデルチェンジを挙げることができます。

 

いわゆるキャブレター方式→フューエルインジェクション方式という燃料供給方式の変更ですね。

 

稀にキャブレター方式の方が人気の高い車種もありますが、ほとんどのパターンは中古相場も査定相場もFIモデルの方が高額になってきます。

 

 

そんな2007〜8年の排ガス規制強化対応ですが、ドラッグスター250の場合、エンジンのセッティングの見直しとマフラーを酸化還元触媒付きのマフラーに交換することで上手く排ガス規制に対応した珍しい車種になります。

 

つまり初代のVG02Jから現行にいたるまでキャブレター方式が継続しているということになります。

 

なので2007年のモデルチェンジ前とそれ以降で大きく査定額が変わることもなく、どの年式でもそれなりの査定額が期待できる車種だと思います。もちろん高年式の方が高額になりやすい部分は否めませんが…。

 

そういった経緯のあるドラッグスター250の場合、査定額を決めるポイントになってくるのは各部の消耗部品の状態やノーマル車両かカスタム車両かという部分になるでしょう。

ドラッグスター250を売る前に準備すること

ドラッグスター250カスタム

上記でもふれましたが、ドラッグスター250の場合、大抵のオーナーさんは排気系、メッキパーツをはじめとした何らかのカスタムはなされているかと思います。

 

ただ査定額をシビアに求めるなら純正部品に戻してから査定に臨んでください。

 

メッキパーツやサイレンサー程度のライトカスタムなら査定額に大きな影響は及びませんが、トリプルを組んだりリアサスをリジット化している場合、ノーマル状態の車体にくらべ買い手が見つかりにくい状態です。それだけ査定額も低くなることは覚悟しておいて下さい。

 

キャリヤ関連やセキュリティ関連は別として、マフラーや外装関係のカスタムパーツの多くは、ユーザーさんの好みが分かれる部分です。

 

せっかく購入しかけたユーザーさんがカスタムパーツが気に入らないことを理由に購入に至らないケースも普通にあることです。とくにCCバーや主張の強い形状のマフラー等は外観上のイメージを大きく左右します。

 

買取したバイクを最短で売却することが買取店舗にとってもっとも大切なことです。そういった妨げになるカスタムパーツは残念ながら減額対象になることは覚悟しておきましょう。

ドラッグスター250を相場より高く買取してもらう!

ドラッグスター250洗車

またドラッグスター250にかぎらず、アメリカン車両の場合、外装のカウル類やタンクの状態、各部のメッキパーツの状態も査定額を決める重要な要素のひとつになってきます。

 

ドラッグスター250にかぎった話でもありませんが、当時の国産車のメッキパーツはメーカー問わずそれほど上質なメッキ加工ではありません。

 

経年劣化によって大半は浮きや剥がれ、腐食、曇りが確認できるはずです。

 

本来、そう簡単に錆や剥がれ等は置きませんが、飛び石によって小さな傷が生じたり保管状態が劣悪なために湿度が高過ぎる状態に置かれた場合、比較的かんたんにメッキパーツは悪化します。

 

残念ながら塗装面と違い、クロームメッキパーツは簡単に補修でごまかすことができないためにダメージしだいでは要交換という判定が下ります。

 

とはいえ初期の錆やくすみに関しては解消できますので、必ず査定前に小さな錆や浮きを解消するためにメッキ専用のケミカルや極細のコンパウンド等で目立たない状態にしておいて下さい。

結局ドラッグスター250を売るならどこがいいのか!?

ドラッグスター250査定申込

ここまでドラッグスター250売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、、当サイトを読んで下準備することも大切ですが、最終的には売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしドラッグスター250を最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓