スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)売る高額査定

スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)を売る場合の注意点と高額売却のコツ

スカイウェイブ250

こんにちは、小池です。

 

今回は過去の管理人のバイク売却経験をもとに、スカイウェイブ250を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたので参考にして下さい。

 

まず最初に、バイク売却でもっとも大切なことをお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にもスカイウェイブ250の買取りに意欲的な店舗もあれば、そうでない店舗もあります。

 

言いかえれば、愛車売却でもっとも大切なことはスカイウェイブ250をもっとも評価してくれる店舗をみつけることになります。

 

なので慌てて売却先を選んだりせず、当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。いくつかのポイントをおさえるだけで相場以上の査定額になるかと思います。

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する!

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、先入観で1つに絞らず少なくとも2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、競合他社の査定額を引き合いにだすことで、足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)売却時に知っておきたいスカブの歴史

スカイウェイブ250

ではさっそく、スズキの大ヒットビッグスクーター、スカイウェイブ250売却時のポイントや注意しておきたい部分をいくつかお伝えしますが、念のためスカイウェイブ250発売からの流れを簡単に説明しておきます。

 

まずスカイウェイブ250が登場したのが、たしか1998年頃だったと記憶しています。

 

すでにマジェスティの登場によって250、400クラスではビッグスクーター・ブームが盛り上がり始めた時期で、誰もがスズキ製のビッグスクーターを待ち望んでいるタイミングで発売されました。

 

さすがに後発ということもあり、マジェスティや他の競合車種の不満点を見事に解消して登場したスカイウェイブ250は初代モデル、CJ41Aから予想外のヒットとなりました。

 

ロングセラー車種として何度か大きなモデルチェンジを繰り返しつつも、タイプS、タイプM、SSといった数多くの派生モデルも輩出してきたスカイウェイブ250ですが、査定額に影響する部分としては2002年にフューエルインジェクション採用エンジンとなった事に他なりません。いわゆるCJ43A型のスカブですね。

 

ほぼ弱点のみられなかったスカブでしたが、唯一の弱点ともいえる燃費の悪さも、当時のFI化で解消されました。

 

スカブ史上でもピークといえるほど販売台数が多かったのではないでしょうか。

 

その後、2006年以降になるとCJ44A、CJ45A、CJ46Aとマイナーチェンジを繰り返したスカイウェイブ250ですがフロントマスクの変更やスクリーン形状の変更、フロントタイヤサイズの変更と比較的小さな変更が多く、目立った変更といえば2007年にMTアシストモードを搭載したタイプMが発売されたくらいかと思います。

スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)売却でもっとも査定額に影響する部分

スカイウェイブ250ダメージ

では話を戻して、ここからはスカイウェイブ250売却時のポイントや注意点なんかをお伝えしてみます。

 

まず査定額の大きな分岐点として、2002年のフューエルインジェクション採用モデル、いわゆるCJ43A型以前か以降かという部分がネックになってきます。

 

これは単純にキャブ仕様だから査定額が安くなるという意味ではなく、それ以前のCJ41AやCJ42Aの場合、フルノーマル車両でまともな状態の車体がほとんど現存していないことに関係しています。

 

ちょうどCJ43Aが登場した2002年までがビッグスクーターブームの最盛期といわれています。そのため中途半端にカスタムされた上に、数年間も放置されたようなスカイウェイブ250が非常に多く、正直、中古市場でもダブついている状態といえます。

 

さらにスカイウェイブ250だけの話ではありませんが、この時期のビッグスクーターブームにのって発売された車両の大半は、日常的にコマメにメンテナンスされていた車両は皆無に等しい状態です。

 

残念ながら上記の様々な理由からCJ43A型以前に関してはほとんど査定額は期待できないと考えておいて下さい。中にはしっかりメンテナンスされ、綺麗に乗り続けてこられたCJ41AやCJ42Aもあるかとは思います。

 

ただバイク売却の査定額は車種や型式からベースとなる金額が算出されます。

 

いくら程度のよい車体だとしても型式そのものが中古市場のニーズが無い場合査定額は期待できません。状況によっては途中でネットオークション等で売却する方法も視野にいれておいた方がいいかもしれませんね。

スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)を売る前に準備すること

スカイウェイブ250メンテナンス

スカイウェイブ250・オーナさんが全てそうだとは言いませんが、ビッグスクーターを購入される方の中には、バイク弄りが趣味というよりも、メンテナンスの手間がかからない…という理由で単純にビッグスクーターを選んでいる方も多く存在します。

 

その結果、走行距離はとんでもなく多い割に、まともにメンテナンスされていない車体が多いといった特徴もあります。

 

1万、2万とそれなりに走行されたビッグスクーターの場合、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等もかなりの摩耗や劣化が予想されます。

 

基本、どの売却先の査定士も上記の部分を中心にチェックしてくるはずです。もし大幅な減額が不安な方は事前に一度愛車を点検しておくことをお勧めします。

スカイウェイブ250(タイプS/タイプM/SS)を相場より高く買取してもらう!

スカイウェイブ250査定額

愛車のスカイウェイブ250を相場より高く買取してもらいたい…もちろんオーナさんなら誰でもそう考えることだとは思いますが、残念ながら事故歴や転倒歴のある車両の場合、相場以上という期待はしないでください。

 

スカイウェイブ250にかぎらず中古バイク買取において、定士やメカニックがもっとも注意する部分の一つが、事故歴や転倒歴の有無になります。

 

とくに樹脂パーツのカウル類の占める面積の大きなビッグスクーターでは、ちょっとした立ちごけや転倒でも比較的大きなダメージが残ります。

 

本人としては軽い事故や転倒だと思っている場合でも、カウルだけでなく予想以上に車体に大きなダメージが残っているケースもあります。

 

また、中には中古購入された車両で、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。

 

どちらにしても査定時に事故や転倒歴によるダメージが発覚した場合、それ相応の減額対象となってきます。

 

購入前については仕方ありませんが、自分の知りえる限りの事故歴や転倒歴は査定時の最初に必ず申告しておくことをお勧めします。

結局スカイウェイブ250を売るならどこがいいのか!?

スカイウェイブ250

ここまでスカイウェイブ250売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、、当サイトを読んで下準備することも大切ですが、最終的には売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしスカイウェイブ250を最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓