アドレスV125売る高額査定

アドレスV125を売る場合の注意点と高額売却のコツ

アドレスV125

こんにちは、小池です。

 

今回は過去の管理人のバイク売却経験をもとに、アドレスV125を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まずバイク売却でもっとも大切な部分なので最初にお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にもアドレスV125の買取りに意欲的な店舗もあれば、そうでない店舗もあるということ。

 

言いかえれば、愛車売却でもっとも大切なことはアドレスV125をもっとも評価してくれる店舗をみつけることになります。

 

なので慌てて売却先を選んだりせず、当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。いくつかのポイントをおさえるだけで相場以上の査定額になるかと思います。

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、先入観で1つに絞らず少なくとも2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、競合他社の査定額を引き合いにだすことで、足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

アドレスV125売却前に知っておきたい車両情報

アドレスV125工場

たしかデビューは2005年あたりでしたね。

 

このアドレスV125、そこそこ売れてはいたものの、売り上げ的にはイマイチだったアドレスV100にくらべ爆発的にヒットした結果、発売初年度に3万台というモンスター級の売り上げを記録しました。

 

すでに原付スクーター市場においてホンダやヤマハを追い越す程の勢いをみせていたスズキでしたがこのアドレスV125によって小型クラスのスクーター市場での地位を不動のものとしました。

 

そんなアドレスV125ですが、毎年のように小さなマイナーチェンジは繰り返されてきましたが、査定額の面だけで考えれば大きくCF46A、CF4EA、CF4MAという3つのモデルを把握しておけばよいかと思います。

 

ちなみに初代のCF46Aは2005年〜2007年まで生産されていました。いわゆる皆さんがイメージするアドレスV125というと、この型式を指していることが多いかと思います。それほど販売されたモデルで都心部の通勤時間など信号待ちをすれば頻繁にアドレスV125を見かけました。

 

まさに通勤・通学の強い味方といったモデルでしたね。フューエルインジェクション採用で以前のアドレスV100と同価格というコスパの面でも非常に優れた車種でしたね。

 

そして2008年〜2010年という短期間で姿を消したCF4EA。メーター周りやキーシャッターといった変更点と当時の排ガス規制に対応したモデルのため、パワーは大幅にダウンした上に車体価格が3万円近くもアップするというユーザー泣かせのモデルでした。

 

そして2010年以降のモデルがCF4MA、いわゆるアドレスV125Sの登場です。基本設計はCF4EAの多くを流用しているものの、外観上にはまったく前モデルを感じさせない仕上がりにはスズキの125スクーター市場にかける意気込みが感じられます。

アドレスV125売却でもっとも査定額に影響する部分

アドレスV125メンテナンス

そんなアドレスV125売却いおいて査定時にネックとなってくるのは型式や年式といった部分以上に走行距離や車両の状態になってきます。

 

そもそも初代から4ストフューエルインジェクション採用というアドレスV125の場合、今に至るまで査定額を左右するほどの大きな変更点がみられません。

 

その結果、型式や年式よりもどれだけ酷使され続けてきたか…という部分が査定額に大きく影響してくるかと思います。

 

ジョグやレッツ等と違い、カスタムベースといえる車種でもないアドレスV125の場合、単純に走行距離とそれに見合った消耗部品が交換されているか、といった日常的なメンテナンスが査定額を決定するともいえます。

 

また通勤・通学メインという用途とはいえ、実際に中古市場でアドレスV125を購入される方は外観を重視します。

 

アドレスV125にかぎった話ではありませんが、スクーターの場合エンジン関係や足回りが確認しづらい事もあり、購入者の方も外装部品の状態で判断するケースが大半なのです。

 

裏を返せばエンジン・足回りともに良好な車体でも、外装のカウル類やシート等の状態しだい相場以下で査定される可能性が高いということになります。

 

ひと昔前にくらべバイク専用のケミカル類やワックス類には良い商品が増えてきました。綺麗に洗車して細かい傷を解消するだけで査定時の印象はずいぶんと変わるものです。ぜひ査定前に行っておきましょう。

アドレスV125を売る前に準備すること

アドレスV125カスタム

大抵が通勤・通学という目的で使用されるケースの多いアドレスV125ですが、中にはレジャー用途で購入される方、近場のツーリング目的に購入される方も珍しくありません。

 

そんなアドレスV125オーナさんの場合、もしかしたら何らかのカスタムをなさっているケースもあるでしょう。カスタムパーツも意外と多いアドレスV125だけにマフラー、足回り強化等よくみられます。

 

もちろんカスタム状態のままでも買取可能です。

 

ですが査定額を少しでも高く…というオーナーさんは事前に純正部品にすべて戻しておくことをお勧めします。

 

どんなジャンルのバイクにもいえることですが、有名人気ブランドのカスタムパーツをのぞき、大半のカスタムパーツは純正部品より確実に低く評価されます。

 

たとえ車両の雰囲気に合ったカスタムパーツでも、中古市場であなたの愛車を購入される方はどんな方かわかりません。

 

中にはカスタムパーツがネックとなって購入を見送る方も少なくありません。そういった部分から確実に純正部品の方が評価が高いのは言うまでもありません。

 

すでに処分された方は仕方ありませんが、保管中の方は忘れずに査定前に純正部品に戻しておきましょう。

アドレスV125を相場より高く買取してもらう

アドレスV125保管

中古市場でも常に一定数のニーズのあるアドレスV125の場合、初代から現行モデルまでまんべんなくそれなりの金額で査定額は見込めるかと思いますが、外観をはじめ各部の状態によって大きく査定額は変わってきます。

 

とくに乗らずに保管されていた期間長かったアドレスV125の場合、その保管状態の良し悪しが査定額に顕著にあらわれるかと思います。

 

バイクの保管状態や保管場所は人それぞれですが、しっかりと温度や湿度の保たれた室内保管と屋根付きの屋外保管、さらに屋外で保護シートを被せただけの状態では長期間で大きな違いが生じてきます。

 

とくに紫外線や風雨の影響をうけやすい樹脂パーツのカウルや各部のゴムパーツは保管状態によって寿命も大きく変わってくるので注意してください。

 

また屋外保管の場合、季節によっては地面から湿気でバイクカバー内に湿気が溜まることでフレームをはじめとした鉄部を短期間で錆させます。バイクカバーにとって防水性も大切ですが透湿性も大切な要素といえます。

 

また直射日光が降り注ぐような屋外保管の場合、最悪はフロントフォークが歪んだりタンク内の燃料が揮発して塗装面にダメージを与えたりと予想だにしないダメージにつながります。

 

もちろん保管場所や環境はどうにもできない部分もありますが、保管状態に自信のない方は、査定前に少しでも改善してから臨みましょう。

 

とくに樹脂パーツの塊ともいえる、カウル類が大きな面積を占めるスクータータイプの場合はもっとも気をつけておきた部分だといえます。

結局アドレスV125を売るならどこがいいのか!?

アドレスV125売却先選び

ここまでアドレスV125売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、、当サイトを読んで下準備することも大切ですが、最終的には売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしアドレスV125を最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓