CBR250R(MC41)売る高額

CBR250R(MC41)

こんにちは、小池です。

 

今回は過去の管理人のバイク売却経験をもとに、CBR250Rを売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まずバイク売却でもっとも大切な部分なので最初にお伝えしておきますが、同じようにみえる買取店舗や販売店の中にもCBR250Rの買取り意欲的な店舗もあれば、そうでない店舗もあるということ。

 

言いかえれば、愛車売却でもっとも大切なことはCBR250Rをもっとも評価してくれる店舗をみつけることになります。

 

なので慌てて売却先を選んだりせず、当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。いくつかのポイントをおさえるだけで相場以上の査定額になるかと思います。

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せしますが、どちらで査定するにせよ、先入観で1つに絞らず少なくとも2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に納得できない場合、競合他社の査定額を引き合いにだすことで、足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用してきた売却先の一覧はこちらの記事にて詳しくレビュー・解説しています。

 

買取強化車種やキャンペーン情報は随時更新されていますので、最新の情報をチェックして、売却先選びのご参考にしてもらえればと思います。

CBR250R(MC41)売却での査定額について

CBR250R(MC41)工場

まず誤解のないよう最初にお断りさせていただきますが、今回は2011年に発売されたMC41型のCBR250R売却時のポイントについて書いています。

 

残念ながら1980年代後半のレーサーレプリカブームの頃のCBR250R…いわゆるMC19型のCBR250Rについては別のページでまとめる予定です。ご了承ください。

 

ではさっそく、MC41型のCBR250R売却時に査定額に影響する部分をお伝えしたいと思います。
このバイク、良くも悪くもタイ生産という話題が先行しがちですね。

 

世間では作り込みが甘いとかシリンダーケース等の仕上がりが悪い…といった酷評も目立ちますが、個人的にはこの価格帯でこれだけ最新の技術を詰め込んだホンダは、やっぱり世界のホンダだなあ…と単純に思います。

 

いくら全行程を国内生産にこだわったところで、新車価格が10万も20万も高額になった場合、さすがに熱狂的なホンダ・ファン以外は購入する気になりませんからね。

 

この時期、ホンダ以外でも各メーカーでタイ、ベトナム工場に拠点を移すケースが目立ちましたが、ある意味ユーザーさんのことを最優先してのことだと思います。

 

その証拠に、中古市場でもMC41型のCBR250Rの取引相場は非常に安定して高値をキープしています。多少の作りの粗さは否めませんが、それを差し引いてもよくできた車両ということに他なりません。

 

ちょっと気になる部分としては、タイ生産の車体にありがちな電装系やハーネス関連のリコールがあった気がします。もし査定を受ける場合、事前に愛車がリコール対象車種かどうかだけでも確認しておいた方がいいでしょうね。

CBR250R(MC41)を売る前の準備

CBR250R(MC41)メンテナンス

個体差もあるので、すべてのオーナーさんに当てはまる内容ではありませんが、このMC41型のCBR250Rには減速中や走行中に原因不明のエンストに陥る車体がけっこうあったことも事実です。

 

メーカー側でもバルブクリアランス調整やプラグキャップの交換といった対策を提案していますが、中にはニュートラルスイッチの不具合が原因で陥る場合もあるようです。

 

似たような症状が頻発している車体の場合、査定前に対処しておいた方が無難だとは思います。運悪く査定のタイミングでエンスト症状が勃発した場合、容赦なく減額されますからね。

 

また新車の時点から振動や騒音の大きめなCBR250R(MC41)ですが、走行距離やメンテナンス内容によってはさらに振動や騒音が増幅しているケースもあるかと思います。あまりにエンジン音やノイズが多き過ぎると、中にはエンジンからの異音として減額対象になってきます。

 

振動や音の面で不安なオーナーさんは査定前にバイク知識の豊富な方や近くのショップで相談してみた方がいいかもしれませんね。状況によってはバルブクリアランスやタペットクリアランスの調整等が必要になるかと思います。

CBR250R(MC41)を相場より高く買取してもらう

CBR250R(MC41)洗車

どの年式のCBR250R(MC41)オーナーさんにもいえることですが、もし愛車を少しでも高額査定で売却したいのなら、絶対に洗車とワックスアップは実施して下さい。

 

発売から年数の経過していないCBR250R(MC41)の場合、エンジンや足回り関係に大きなヘタリもみられないので、査定時のチェックは外装関係が中心になってきます。

 

この手のフルカウル車両の場合、第一印象の面でも外装関係の状態が査定額に少なからず影響してくるはずです。

 

そういった意味でも、転倒歴や事故歴のある車体はかなり不利な状況だといます。

 

CBR250R(MC41)にかぎらずレーサーレプリカ車両の多くはフルカウルという形状のため、小さな転倒や事故、ときには立ちごけ程度でも大きなダメージが残る場合も見られます。

 

また高年式になるほどカウル類も一つ一つが大型化されて、パーツ単体の価格も高額になってきます。

 

タッチアップ程度で無くなる傷ならなら問題ありませんが目立つ部分の割れや欠けの場合、最悪はカウル類の交換の可能性も視野にいれておくこともお勧めします。

 

またスポーツ走行の用途として乗られていたオーナーさんの場合、それなりに負担が大きかったことが想定されます。

 

エンジンの調子はさておき、最低限フロントとリアの足回りくらいは査定前にチェックしておいた方がいいかと思います。

 

フロントフォークについては、フォークオイルの劣化や減少、スプリングのヘタリによって沈み込みが激しい場合、フォークオイルやスプリングの交換という話になってきます。

 

またフロントフォークを目一杯、沈ませたタイミングで変な引っ掛かりや違和感のある場合、大抵はインナーチューブの曲がりや傷が疑われます。

 

リアサスに関しては、リアサスペンション・オイルが漏れていないか…というチェックはもちろん、体重をかけてリアサスペンションが正常に沈み込むか、また動作時にキコキコと異音がしないか…という部分もチェックしてくるはずです。

 

どちらもパーツ価格の高い部分です。要交換となれば大幅に減額されるので厳しくチェックしておいた方がいいかと思います。

結局CBR250R(MC41)を売るならどこがいいのか!

査定申込

ここまでCBR250R売却時のポイントや注意点を解説してきましたが、いざ売却する場合、、当サイトを読んで下準備することも大切ですが、最終的には売却先選びがネックとなってきます。

 

管理人も過去に20台近くのバイクを売却してきましたが、残念ながらどんなに優良な買取店舗でも一社だけでは査定額に限界があります。

 

もしCBR250Rを最高額で売却するなら、複数店舗で査定してその査定額を比較するのがもっとも効率的で確実な方法だと感じています。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓