リード125を売る高額査定

リード125売却時の注意点と高額売却のコツ

リード125

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はリード125を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず大切なことなので最初にお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、リード125の買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはリード125をもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

リード125売却時の査定額について

リード125エンジン

今回はホンダの小型スクーターの中でも超ロングセラー車種、リード125売却時の注意点やポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

 

また最初にお断りしておきますが、今回は基本的に2013年に登場したベトナム生産のリード125、いわゆるEBJ-JF45型の売却を中心にまとめています。ご了承ください。

 

まずエンジン周りについて。

 

このベトナム生産によって大きくフルモデルチェンジされたのリード125には、アイドリングストップ機能を装備した125cc水冷単気筒、俗にいうESPが搭載されています。これは同社のPCXにも搭載されたグローバルエンジンというやつです。

 

ホンダマニアの方からすれば、ベトナム生産ということで作りこみの甘さや、グローバルデザインということで使い勝手の悪さも挙げられましたが、概ね故障やトラブルも少なく良い車体に仕上がっていると思います。

 

残念ながら、デザイン性においてはPCXのような雰囲気はみられませんが、そもそも通勤・通学といったコミューター的な使用が主な用途です。多少もっさりとしたデザインも大したデメリットにもならないかと思います。

 

そんなリード125売却においてポイントとなってくるのは、外装類の状態、そして走行距離、また走行距離に応じたメンテナンスがなされているか…という部分になるかと思います。

リード125を売る前の準備

リード125カムチェーン

基本、2013年に登場したベトナム生産のEBJ-JF45に絞って考えた場合、発売から大した年数も経過していません。通常のオイル交換やフィルター類のチェックといったメンテナンスさえ行われていればトラブルもないはずです。

 

査定前にこれといった準備も必要ない…というのが正直なところになります。

 

ただ個体差によっては、アドレス等のスズキ製のスクーター等にありがちなカムチェーンの緩みによる異音がでてくる事例もあったようです。カムチェーン付近からガラガラ音やガシャガシャ音が鳴っている場合、査定前にチェックしておいて下さい。

 

大抵の場合、カムチェーンテンショナーが緩んだことでカムチェーンが内部で暴れて異音の原因となってます。査定時に発覚した場合、状況しだいではカムチェーンテンショナー交換費用より大幅に減額してくるケースもあります。

 

明らかにメーカー側の問題やベトナム工場での組み付けに問題があろうが、査定時に発覚した場合は査定額から減額されるので注意しておいて下さい。異音が少しでも気になる場合、近くのショップで確認しておいた方がいいかもしれませんね。

 

あと外装類の傷や割れ、紫外線や風雨による劣化や退色はスクーター関係では大きな減額対象となります。

 

というのも、中古市場でこの手のスクーターを物色する方の大半はメカに詳しくないためか、ぶっちゃけエンジンすらかけずに外装でバイクの状態を判断して購入を決定します。それだけ外装のカウル類やシートの状態が大切になってきます。

 

こういった事実は買取店舗や販売店の査定士やメカニックなら百も承知なので、やはり外装のカウル類の状態の良い車体ほど高額査定になってきます。

 

ひと昔前にくらべバイク専用のケミカル類やワックス類には良い商品が増えてきました。綺麗に洗車して細かい錆や傷を解消するだけで査定時の印象はずいぶんと変わるものです。ぜひ査定前にお試し下さい。

リード125を高額査定してもらう

リード125メンテナンス

また愛車のリード125売却において忘れてならない部分といえば、各部の消耗部品が交換時期を超えていないか…という部分になってきます。

 

とくに通勤・通学スペシャルといえるリード125の場合、遠距離ツーリングなどに使用せずとも2万、3万と走行している車体も目立ちます。

 

もちろん走行距離そのものが常識の範囲を超えて多い場合はそれなりの査定額の減額になりますが、もっと重要な部分は走行距離や年式に応じた消耗部品の交換がなされているかどうかになります。

 

1万、2万とそれなりに走行されたビッグスクーターの場合、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等もかなりの摩耗や劣化が予想されます。

 

この辺りのポイントは今回のベトナム生産リード125以前のEBL-JF19等の車両でも同様になります。

 

もし愛車のリード125を1円でも高く売却したい…という方は査定前に一度、総点検して費用の負担の少ない消耗部品だけでも交換しておくことをお勧めします。

 

リード125の売却先選びは慎重に!

リード125査定申込

ここまでリード125売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓