CRF250L(M)売る高額査定

CRF250L(M)売却時の注意点と高額売却のコツ

CRF250L(M)

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はCRF250を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず大切なことなので最初にお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、CRF250の買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

CRF250L(M)売却時の査定額について

CRF250L(M)

今回は、残念ながら惜しまれつつも姿を消したホンダ4スト250エンデューロマシン、XR250Rを継承するカタチで排ガス規制強化後の2012年に登場したCRF250Lの売却時のポイントをまとめておきます。

 

また基本設計が同じモタード仕様の派生モデル、CRF250Mにも共通している部分が多いので参考にしてもらって構いません。

 

まず査定額ですが、発売からそう長い年月が経過していないこともあり、エンデューロモデル、モタードモデル問わず中古市場ではけっこうな高値をキープしています。もっとも中古市場でも程度の良いタマが貴重ということも取引相場に関係しているんでしょうね。

 

全体的な中古相場をみるかぎり、エンデューロモデルにくらべ、モタードモデルの方が5万程度高く取引されているパターンが多いように感じますが、市街地メインで使用されていたモタードモデルの方が外装も足回りも状態が良好なタマが多い…という単純な理由かと思います。

 

基本的にCRF250で採用された水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンは扱いやすい上に堅牢なエンジンだと思います。あれだけ林道やエンデューロコースで酷使されているにもかかわらず、故障やトラブルの噂は聞きませんからね。

 

稀にカムチェーン付近からの異音をかかえた個体もあると聞きますが、仮に査定時に異音だと判断された場合、それ相応の減額対象となってきます。異音なのか常識の範囲内なのか微妙だと思うのでCRF250L(M)の扱いになれたショップやディーラーで事前に確認しておいてもいいかもしれませんね。

CRF250L(M)を売る前の準備

CRF250L(M)フロントフォーク

基本、高年式な上にエンジンの基本性能の高いCRF250L(M)において、査定士やメカニックが注目する部分といえば前後のサス関係を中心とした各部の消耗部品の状態等になってきます。

 

常識を超えるような異音や白煙でも無いかぎり、エンジン周りで減額対象をみつけることはできません。

 

査定士やメカニックとしては足回りのヘタリや各部の消耗部品の劣化や摩耗なんかを徹底的にチェックしてくることが想定できます。

 

本格的な林道やエンデューロコースで利用された車体の場合、乗り方や体重にもよりますが前後のサスペンションは相当な負担がかかっています。

 

また林道やエンデューロ走行によって泥だらけになった車体を高圧洗浄機で大雑把に洗車される方もいます。そういった車体の場合、前後のサスペンション周辺のヘタリやシール類、ゴムパーツ類の劣化が激しいので査定時に必ず減額されます。その辺りは覚悟しておいて下さい。

 

フォークのアウターケースの傷や擦れ等は仕方ない部分ですが、ダストシールやオイルシールのヒビ割れや硬化、それによって動作時にインナーチューブにオイルが滲んでいる場合、まず減額対象になります。

 

同様にリアサスに体重をのせてフニャフニャな状態や動作時にキコキコと異音がする場合、これも減額対象になってきます。シール類もリアサスのリンク部分のブッシュやゴムパーツも大した高額な部品ではありませんか。

 

余裕があれば査定前に点検して、劣化や摩耗の激しいスモールパーツは交換しておくといいでしょう。

CRF250L(M)を高額査定してもらう

CRF250L(M)メンテナンス

CRF250L(M)だけに限らず、この手のエンデューロ車両全般にいえることになりますが、本格的なダート、エンデューロに持ち込まれた車体の場合、査定額はだいぶ低くなるので覚悟しておいて下さい。

 

たしかにコマメにメンテナンスされている場合も多く、エンジンの調子だけで考えれば絶好調といえる車体も少なくありません。

 

ただ次に乗られるユーザーさんも同様にダートやエンデューロ目的とは限りません。フルノーマル状態で綺麗に乗られる方もいれば、モタード的に乗られる方もいます。

 

したがって明らかにダートやエンデューロ走行でガンガン乗られていたという雰囲気を醸し出している車体は敬遠されがちなのです。買取店舗もその辺りは重々承知しているので高額査定できない…というのが本音です。

 

また、タイ生産だからと決めつけるのもどうかと思いますが、CRF250L(M)の細部には少々作りこみの粗さも目立ちます。年式によっても個体差が大きく、正直、ガスケットやシール類もお世辞にも上質な部品とはいえません。

 

保管状態や普段の走行されるフィールドによっては予想以上のスピードで劣化や摩耗が進んでいることも想定できます。劣化や摩耗に気づかずオイル漏れや燃料滲みが発覚すれば査定額にも大きく影響がでてきます。

 

国産時代のホンダ車の感覚で乗っていると、予想以上に大きな不具合やトラブルに発展しかねません。国内生産とタイ生産では同じホンダ車でも別メーカーだと認識しておくべきかもしれません。

CRF250L(M)の売却先選びは慎重に!

CRF250L(M)査定申込み

ここまでCRF250売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓