リトルカブ売る高額査定

リトルカブ売却時の注意点と高額売却のコツ

リトルカブ

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はリトルカブを売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず大切なことなので最初にお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、リトルカブの買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはリトルカブをもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

リトルカブ売却時の査定額について

リトルカブ

今回は1997年にスーパーカブの派生モデルとして登場した、若い世代の女性ユーザーさんをターゲットに発売されたリトルカブ売却時の注意点をいくつかお伝えしておきます。

 

オーナさんならご存知かと思いますが、リトルカブは何度かモデルチェンジを繰り返してきました。1997年に初代モデルが登場し、2年後には排ガス規制対応のためセッティングが改良されました。

 

その後、多くの車両が生産終了に追い込まれた2007年の排ガス規制ではフューエルインジェクションを採用することで難を逃れたといった感じです。

 

基本、年式や型式によって大きな査定額の違いが出てくる車種でもありません。査定額に影響するとしても、キャブ仕様かインジェクション仕様か…という部分くらいになってきます。当然、中古市場でも人気の高いFIモデルのリトルカブの方が数万円程度高額査定になるかと思います。

 

あとは日常的にメンテナンスがどの程度なされていたのか…という部分も査定士やメカニックは気にしています。この手の女性向けのスクーター、ビーノやジョルト等のバイクは乗りっ放しの車体が多いことは有名です。

 

査定士やメカニックによっては細かい消耗部品のレベルまでチェックしてくるケースも十分に考えられるでしょう。

リトルカブを売る前の準備

リトルカブメンテナンス

愛車のリトルカブ売却前にやるべき準備といえるかわかりませんが、普段からコマメに消耗部品の交換やメンテナンスをされていない場合、一度、査定前に徹底的に点検しておくことをお勧めします。

 

というのもオイル交換やフィルター類といった日常的にメンテナンスされるべき部分がなされていない場合、査定士やメカニックの多くはバイクの知識がないユーザー、またはバイクに愛着のないユーザーだと判断します。

 

その結果、適正な査定額や買取相場も知らないお客さんと判断され、思いもよらぬ安値で査定されるケースもあります。そういった部分の防止の面でも最低限のメンテナンスは必須だと思います。

 

最低限、エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッド等がしっかりと定期的に交換されていること。

 

さらに1万、2万と走行したリトルカブだったら、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も査定前に確認しておきたいところです。

 

もしメカ音痴でまったく点検もメンテナンスもできない…という場合、思い切ってお近くのバイク店で軽く点検に出してみるという選択肢もあります。

 

近い将来、売却予定ということを告げ、費用のかからない部分だけでも部品交換しておくだけで売却時の査定額が大きく変わるケースもあるということは覚えておいて下さい。

 

ただバイク店任せに部品交換してしまうと、売却時の買取金額を超えてくるケースもあるのでその点だけは注意しておきましょう。

リトルカブを高額査定してもらう

査定前の洗車

少々厳しい話になりますが、キャブ仕様のリトルカブの場合、約10〜20年という年月が経過しています。そもそも新車価格もお手頃なバイクですので中古価格を考えても大した査定額は期待できません。

 

また2007年以降のFIモデルだとしても車体によっては10年近くが経過しています。

 

各部の消耗部品や交換部品を減額された場合、かなり目減りして予想以下の査定額に落ち着くケースも十分にあります。

 

とはいえ諦めずに査定前にできれば洗車程度はしておいた方が良い結果にはつながりやすいとはいえるでしょう。

 

リトルカブに限った話ではありませんが、ボディ全体をカウル類で覆われたスクーターの場合、エンジン内部や足回り関係のチェックが甘くなるかわりに外装部品のチェックが厳しくなる傾向があります。

 

とくに女性や若者が好む車種の場合、中古市場でもエンジンや足回りといった部分よりも外装の状態やトータルの雰囲気で購入を決める方も少なくありません。
保管状態に自信のないオーナーさんは、少しでも綺麗に洗車して、艶出し材等のケミカルで外観上の印象を上げることも効果があるかと思います。

リトルカブの売却先選びは慎重に!

査定申込み

ここまでリトルカブ売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓