クレアスクーピー売る高額査定

クレアスクーピー売却時の注意点と高額売却のコツ

クレアスクーピー

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はクレアスクーピーを売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず最初に、バイク売却でもっとも大切なことをお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、クレアスクーピーの買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはクレアスクーピーをもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

クレアスクーピー売却時の査定額について

クレアスクーピー査定額

では簡単にクレアスクーピーの概要をお伝えしときます。

 

まず原付スクーター業界にレトロポップという流れが誕生したのが1990年代の頃だったと思います。代表的な車種でいったらビーノとかジョルト等になりますね。いわゆる免許取得直後の若い女性ユーザーさんをターゲットにしたバイクとなります。

 

そんなレトロポップというジャンルにおいて、ホンダがジョルトの後継機種としてドロップしたのがクレアスクーピーでした。たしか2000年か2001年の頃だったと記憶してます。

 

手頃な価格と扱いやすいサイズ感ということで実際に結構な売れ行きを見せたため、2011年にジョルトが復活するタイミングまで約10年間にわたって生産されていました。

 

 

で気になるクレアスクーピーの査定時のポイントに入ります。

 

結果から言わせてもらいますが、クレアスクーピーの査定額はかなり厳しい数字になることは覚悟しておいた方がいいかと思います。状態や走行距離によってはリアルに0円という数字も十分にあるので注意しておきましょう。

 

とくに排ガス規制対応前にキャブ仕様、いわゆる2001年〜2007年モデルの場合、中古市場でも同じような程度のクレアスクーピーがダブついている状況です。

 

査定士やメカニックとしても、わざわざ低年式で状態の悪いクレアスクーピーを上限ギリギリの査定額を提示してまで買取る理由などない…というのが本音です。

 

最終型とか走行距離が極端に少ないといったアピールポイントの無い車体だとだいぶ厳しい査定になるでしょう。

 

クレアスクーピーを売る前の準備

洗車

ではクレアスクーピー売却前にやっておくべき準備についていくつかご説明しておきます。

 

まず予想外に安くなることが想定されるクレアスクーピーですが、最低限、査定前に洗車と各部の点検、そして交換を要する消耗部品があれば交換しておいた方がいいかと思います。

 

これから売却するバイクなので交換部品については微妙な部分もありますが、洗車と点検だけは確実に行っておいて下さい。というのも原付スクーターの場合、外観上の印象でけっこう査定額が上下します。

 

とくに中古市場でも女性のユーザーさんが大半というクレアスクーピーの場合、エンジンの調子や足回りの状態なんて正直大したきにしていません。実際にエンジンすらかけずに購入を決める女性も普通に多いのです。

 

そんな女性の場合、気になる部分といえばカラーリングや外装のカウル類やシートの状態、あとは細かい部分の錆なんかになってきます。男性の視点とは真逆ですね…。

 

なので査定士やメカニックも中古市場で買い手の見つかりやすい外装の状態が良好な車体を好みます。あからさまにエンジンの始動性が悪かったりエンジンやベルト類から異音でも無いかぎり外装の状態がネックとなってきます。

 

とりあえず査定前に洗車し、外装のカウル類を綺麗な状態に戻しておきましょう。また古いクレアスクーピーにあるあるな状態ですがヘッドライトのレンズが経年劣化で完全に曇っているケースが多いです。

 

レンズが黄ばんでいたり曇っている場合、印象が悪いだけでなく査定士やメカニックからすれば保管状態が悪かったんだな…と判断されます。もちろん査定額にも影響します。あまりに酷い状態の場合、超極細のようなコンパウンド等でヘッドライトレンズを磨いておくことをお勧めします。

クレアスクーピーを高額査定してもらう

メンテナンス

中古市場での取引相場をみても厳しい数字のクレアスクーピーですが、やはり少しでも高額査定を狙うなら査定時の減額対象部分を事前に解消しておくことがポイントになります。

 

そこそこの走行距離の場合、本当はVベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル等も確認しておきたい部分ですが、いかんせん査定額がさほど期待できない場合、必要以上に手をかけるのもどうかと思います。

 

とはいえ最低限、エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッドくらいは事前にチェックしておいた方が安心できると思います。

 

とくに前後のタイヤの摩耗や劣化が目立つ場合、買取側もタイヤ交換しなければ再販売できません。確実に出費が予想できますので査定額から減額になります。

 

実際に量販店でタイヤ交換する以上の金額を減額されるケースもあるので、時間や予算に余裕のある場合、事前に良心的な店舗でタイヤ交換しておく方が賢明かもしれません。

 

また、排ガス規制前の2ストキャブ仕様のクレアスクーピーの場合、最終的な査定額を天秤にかけて、敢えて不具合を知りつつも費用のかかる部分は修理しない…という判断も大切になってきます。

クレアスクーピーの売却先選びは慎重に!

クレアスクーピー査定申込み

ここまでクレアスクーピー売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓