カワサキW650売る高額査定

W650売却時の注意点と高額売却のコツ

W650

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はW650を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず最初に、バイク売却でもっとも大切なことをお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、W650の買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはW650をもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

カワサキW650売却時の査定額について

W650メーター

今日は1999年にネオクラシカルジャンルの先駆的なバイクとして、カワサキが市場に投入したW650売却時の注意点やポイントをお伝えします。

 

アメリカンブームやビッグスクーターブームによって苦戦を強いられていたカワサキでしたが、起死回生の一台として新たに開拓したジャンルが、W650に代表されるネオクラシカルというジャンルでした。

 

結果からいえば予想以上のセールスを記録し、この排気量としては大ヒット車種といえるほどの台数を販売しましたね。

 

発売された1999年から排ガス規制によって生産終了を迎える2008年まで、約10年間にわたって生産されていたW650ですが、基本的に大きなモデルチェンジはみられなかったと記憶しています。

 

カワサキ車にありがちなパターンですが、生産終了になったことで希少性が生まれ、中古市場でジリジリと相場が上昇する。まさにそういったパターンを体現したのがW650でした。

 

もちろん生産終了から約10年が経過しつつある現在では更に程度の良い車体が減ったこともあり高値をキープしています。

 

W650オーナーさんは必ず複数店舗でじっくりと査定額を比較しておいて下さいね。

カワサキW650を売る前の準備

W650バーチカルツイン

当ページをご覧のオーナーさんはご存知かと思いますが、W650の最大の魅力、かつセールスポイントといえば造形の美しいバーチカルツインエンジンに他なりません。

 

後に登場するW800やW400に関しては、既にW650が存在しているために多くの予算は費やされていないかと思いますが、一台目のW650を設計するのは相当な年月と費用がかかった事は想像できますね。

 

そんなW650だけに、自慢のバーチカルツイン周辺に目立つ傷や擦れ、削れ等がみられる場合、中古市場でも敬遠されがちになります。つまり買取店舗としては査定額を下げざるをえない状況になってきます。

 

事故歴や転倒歴によって大きなダメージが生じた場合はもちろん、飛び石や劣悪な保管環境によって小傷や腐食、曇り等によっても売却先しだいでは容赦なく減額対象に含めてきます。

 

他の車種にくらべても、よりエンジン付近の状態によって査定額が左右されやすい車種tろいうことは頭に入れておくといいかと思います。

 

またエンジン同様にメッキパーツも査定額を大きく左右する部分のひとつです。

 

W650にかぎった話でもありませんが、大抵の車両の場合、10年も経過すれば経年劣化によってメッキ部に浮きや剥がれ、腐食、くすみ等が生じてきます。

 

本来、そう簡単に錆や剥がれ等は置きませんが、飛び石によって小さな傷が生じたり保管状態が劣悪なために湿度が高過ぎる状態に置かれた場合、比較的かんたんにメッキパーツは悪化します。

 

残念ながら塗装面と違い、クロームメッキパーツは簡単に補修でごまかすことができないためにダメージしだいでは要交換という判定が下ります。

 

とはいえ初期の錆やくすみに関しては解消できるので、査定前にメッキ専用のケミカルや極細のコンパウンド等で小さな錆や浮きを解消しとおきましょう。

カワサキW650を高額査定してもらう

W650査定額

中古市場でも安定して高値をキープしているW650の場合、これといって特別な努力せずともそれなりの査定額はまず期待できます。

 

ただW650というよりもカワサキ車全体を低く査定しがちな店舗もあるので、とりあえずは複数の店舗、余裕があれば中古販売店等でも査定してみてもいいかもしれません。

 

ですが逆に高額査定にならないパターンも少なからずあります。例えば以下のようなW650の場合、本来のバイクの価値よりも大幅に評価が下がるのは覚悟しておいて下さい。

 

まず事故歴や転倒歴のあるW650。

 

W650にかぎらず中古バイク買取において、査定士やメカニックがもっとも注意する部分の一つが、事故歴や転倒歴の有無になります。

 

本人としては軽い事故や転倒だと思っている場合でも、予想以上に車体に大きなダメージが残っているケースもあります。

 

また、時には中古購入された車両で、自分が購入する前に事故歴や転倒歴があった可能性もあります。どちらにしても査定時に事故や転倒歴によるダメージが発覚した場合、それ相応の減額対象となってきます。

 

購入前については仕方ありませんが、自分の知りえる限りの事故歴や転倒歴は査定時の最初に必ず申告しておくことをお勧めします。

 

 

そして保管状態が劣悪だったW650。

 

バイクの保管状態や保管場所は人それぞれですが、しっかりと温度や湿度の保たれた室内保管と屋根付きの屋外保管、さらに屋外で保護シートを被せただけの状態では長期間で大きな違いが生じてきます。

 

とくに紫外線や風雨の影響をうけやすい樹脂パーツのカウルや各部のゴムパーツは保管状態によって寿命も大きく変わってくるので注意してください。

 

また屋外保管の場合、季節によっては地面から湿気でバイクカバー内に湿気が溜まることでフレームをはじめとした鉄部を短期間で錆させます。バイクカバーにとって防水性も大切ですが透湿性も大切な要素といえます。

 

また直射日光が降り注ぐような屋外保管の場合、最悪はフロントフォークが歪んだりタンク内の燃料が揮発して塗装面にダメージを与えたりと予想だにしないダメージにつながります。

 

もちろん保管場所や環境はどうにもできない部分もありますが、保管状態に自信のない方は、査定前に少しでも改善してから臨みましょう。

 

またW650特有なトラブルとして、べべルギア周辺から異音が大きくなり始めた車両の場合、程度によっては異音アリと判断されて減額対象になるケースもあります。

 

異音関係は毎日乗り続けているオーナーさんが気づきにくい部分のひとつです。客観的に判断できるバイク知識の豊富な知人に確認してもらうのがいいかと思います。

カワサキW650の売却先選びは慎重に!

W650査定申込み

ここまでW650売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓