DR-Z400(S/SM)売る高額査定

DR-Z400(S/SM)売却時の注意点と高額売却のコツ

DR-Z400(S/SM)

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はDR-Z400を売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず大切なことなので最初にお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、DR-Z400の買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはDR-Z400をもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

DR-Z400(S/SM)売却時の査定額について

DR-Z400(S/SM)

今日は2スト全盛期のエンデューロシーンに2000年、スズキが投入した4スト400オフローダー、DR-Z400売却時のポイントをお伝えしておきます。

 

当時、オフロード業界において中心は2スト車両で、4ストオフロード車両は良くも悪くもオフロード・ルック車というか本気度にかける部分が目立ちました。

 

正直、400ならホンダのXRや250ならXRかKLXといった選択肢しか用意されていない状態です。当然、本格的にエンデューロ走行を楽しむなら2スト車という流れが定番でした。

 

そんな中、突然現れたDR-Z400は十分なトルクやパワーかつ、400とは思えない軽量な車体ということで、非常に人気を集めました。奇抜なイエローの外装もスズキらしく好評でしたね。

 

また、当時日本でも盛り上がりを見せ始めていたスーパーモタードに早い時期から注目し、モタード仕様のDR-Z400SMという派生モデルもストリート系のユーザーさんから支持を集めました。

 

残念ながら2008年の排ガス規制強化によって姿を消したものの、中古市場ではタマ数が少ないこともあり高値をキープしています。

 

ぜひ売却の際はしっかりと売却先を選んで正当な価格で売却してください!

DR-Z400(S/SM)を売る前の準備

DR-Z400(S/SM)メンテナンス

車体もエンジンも同じはずのDR-Z400SとDR-Z400SMですが、査定額はけっこう違ってきます。残念ながら同程度の2台であればモタード仕様のSMの方が確実に5万〜10万程度は高額に査定されるかと思います。

 

これには理由があって大前提としてモタード仕様のSMの方が中古市場で人気があります。これは中古市場での取引相場をご確認いただければ納得だと思います。

 

海外のハスクバーナやKTM等の車両と渡り合う実力のあるモタード車両というのが、国内ではほぼDR-Z400SMだけになります。競合する車両が少ないために中古市場でも人気が衰えないということが大きいんだと思います。

 

またもう一つの理由として、エンデューロ仕様のDR-Z400Sの場合、エンデューロのクローズドコースや林道に持ち込まれた車両が多く、往々にして状態の悪い車体が多いことも査定額の低さに関係しています。

 

どちらにせよ、査定時に傷やダメージが多ければ査定額は減額されますし、交換を要する消耗部品が多ければその分は実費で減額されます。

 

査定士やメカニックの中にはオーナーさんがパーツ価格を知らないことに漬け込んで、必要以上に大きな減額を実施する方もいます。部品交換するしないは別として事前に交換を要する部品代くらいはチェックしておきましょう。

 

事前にパーツ価格を調べておくだけでも、査定士やメカニックからすれば騙せないお客さんという位置づけになってきます。ぜひ事前に準備しておきましょう。

DR-Z400(S/SM)を高額査定してもらう

DR-Z400(S/SM)査定額

まず大きなフルモデルチェンジの無かったDR-Z400において、もっとも高額査定が期待できるのは生産終了直前の最終モデルとなってきます。

 

見分け方としては、標準でレンサルのテーパーハンドルバーが装備され、前後にはアクスルスライダーも追加されました。

 

この2006〜2007年あたりの最終型のDR-Z400Sは、そもそも新車販売台数もそれほど多くないこともあり中古市場でもそうそうに買い手が見つかる車両です。よって買取側としても多少の無理してでも買い取っておきたい一台になってきます。

 

したがって最終モデルのDR-Z400を売却されるオーナーさんの場合、完全にこちらのペースで強気に交渉しちゃって構わないでしょうね。予算オーバーしてでも買取ってくれるはずです。

 

逆に相場以下で査定されてしまうパターンとしては、まず大きな転倒歴がある場合になります。

 

とくに車種が車種だけに思いっきりシートレールが曲がっている車両や、モタード走行によってドリフト中に流れたりハイサイドに見舞われてフォークのアウターケースからスイングアームまでガリガリに削られた車体もままみられます。

 

そのレベルの転倒歴が確認できる場合、中古市場でも相当に値引かないと買い手はみつかりません。かといってすべて部品交換すれば相当な金額になってきます。

 

残念ながら相場の半値以下すらゲットできない可能性もあるということは覚悟しておいて下さい。

 

また400という排気量のDR-Z400の場合、車検対応でないマフラー等のカスタムパーツは基本的に査定額ダウンになってきます。

 

もちろん純正部品も保管している場合は別ですが、社外のみだと確実に減額されます。事前にヤフオク等で純正部品を用意してから査定に臨むことをお勧めしておきます。

DR-Z400(S/SM)の売却先選びは慎重に!

DR-Z400(S/SM)査定申込み

ここまでDR-Z400売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓