CBR600RR売る高額査定

CBR600RR売却時の注意点と高額売却のコツ

CBR600RR

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はCBR600RRを売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず最初に、バイク売却でもっとも大切なことをお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、CBR600RRの買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはCBR600RRをもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

CBR600RR売却時の査定額について

CBR600RR

今回は2003年にCBR600F4iの後継モデルとして登場したCBR600RR売却時のポイントや注意点なんかを幾つかまとめてお伝えしておきます。

 

このページをご覧の多くはCBR600RRオーナーさんでしょうから敢えてこの場で説明不要かとは思いますが、このCBR600RRは当時のレーサーモデル、RC211Vから多くの部分をフィードバックされた市販車として話題を集めた一台ですね。

 

また欧米では一般的だった600tという微妙な排気量が、免許制度の違う日本国内でどこまで通用するか…という部分はバイク業界にとっても注目していた部分でした。

 

結果として競合メーカーも続々とこのクラスにレーサーレプリカモデルの照準を合わせたことを考えると、やはり世界のホンダは先見の明があったということに他なりませんね。

 

そんなCBR600RR売却において大きな分岐点になってくるのが、2005年の2007年のフルモデルチェンジだといえます。

 

まず2005年のモデルチェンジでは倒立フォーク採用に5キロ以上の軽量化が実現しました。そもそもリッタークラスと違い、軽さと機敏さがウリのCBR600RRにとって、5キロの軽量化は相当な努力だと思います。

 

また2007年のフルモデルチェンジでは従来モデルよりも乾燥重量で約8キロというこれまた軽量化に成功しています。

 

同時に従来とはまったくフォルムの違うフルカウルを採用。また平成19年国内排出ガス規制に適合させつつも、走行性能や運動性能を向上させた努力の賜物といえるモデルチェンジでした。

 

その後、特別仕様車や限定車両、数々のカラーリング変更を繰り返してはいますが、大きな変更点はありません。

 

よって〜2005年モデル、〜2007年モデル、それ以降のモデルという段階で査定額も高くなるかと思います。

CBR600RRを売る前の準備

タイヤの摩耗

低年式のPC37、高年式のPC40、どちらにせよCBR600RRに搭載されている水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒は故障が少なく堅牢なエンジンだと思います。

 

そもそもサーキットやワインディングでぶん回すことを想定してセッティングも行われています。ですので、ほぼノーメンテナンスといった状況でない限りエンジン関連の不具合は少ないかと思います。

 

また足回りや制動系も同様のことが言えますので、大きな転倒歴や事故歴でもない限り、基本設計に関する部分の査定はさほど厳しくチェックされないかと思います。

 

ただそれなりに走行距離の多い車体の場合、走行距離にふさわしい消耗部品の交換やメンテナンスがなされていたかという部分は必ずチェックされます。

 

コマメにメンテナンスするのが趣味の方は別として、弄るより乗り回す方が好きなオーナーさんの場合、一度は徹底的に各部の点検を行ってください。

 

また消耗部品の中でも高額な部類に入る、タイヤの摩耗状態やヒビ割れも忘れずにチェックしてください。

 

タイヤの摩耗具合は確認される方が多いようですが、タイヤの製造年月日を確認して耐用年数まで確認される方は多くありません。

 

基本的にロードタイプのタイヤの多くは耐用年数が3〜4年と思いのほか短いことをご存知ない方が多いのではないでしょうか。

 

タイヤ側面のウォール部分に製造年月日はしっかりと刻印されています。いくら溝が8部、9部と残っていても耐用年数が大きく超えている場合は要交換と判断されて査定額から減額されます。

 

摩耗具合やヒビ割れといった部分はもちろんのこと、査定士やメカニックはその部分までしっかりとチェックしてきます。

CBR600RRを高額査定してもらう

洗車

低年式のPC37、高年式のPC40、どちらにせよ最終的な査定額を大きく左右する部分といえば外装のカウル関係になってきます。

 

CBR600RRにかぎらずレーサーレプリカ車両の多くはフルカウルという形状のため、小さな転倒や事故、ときには立ちごけ程度でも大きなダメージが残る場合も見られます。

 

また高年式になるほどカウル類も一つ一つが大型化されて、パーツ単体の価格も高額になってきます。

 

タッチアップ程度で無くなる傷ならなら問題ありませんが目立つ部分の割れや欠けの場合、最悪はカウル類の交換の可能性も視野にいれておいて下さい。

 

 

またレーサーレプリカという車種を選ぶオーナーさんの場合、せっかくの走行性能や運動性能を引き出すためにサーキットやワインディングに持ち込む方も少なくありません。

 

その結果、転倒歴のある車体も目立ちます。単独の転倒で大したダメージが無かったように見えても車両のどこかにダメージや転倒の痕跡は残るものです。

 

カウル類を交換したところで、フレームの微妙な歪みや曲がり、ステップ取付部やカウル類の取付ブラケットが僅かに曲がっていたりするものです。

 

査定士やメカニックはそういった部分を見逃しません。もし査定時に気づかれた場合、それ相応の減額が待っていることは覚悟しておきましょう。

CBR600RRの売却先選びは慎重に!

査定問い合わせ

ここまでCBR600RR売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓