シルバーウイング600売る高額査定

シルバーウイング400/600売却時の注意点と高額売却のコツ

シルバーウイング

こんにちは、小池です。

 

過去の管理人のバイク売却経験をもとに、今日はシルバーウイングを売る時の注意点やコツを詳しく書いてみたいと思います。

 

まず最初に、バイク売却でもっとも大切なことをお伝えしておきます。

 

同じようにみえる買取店舗や販売店の中にも、シルバーウイングの買取りに意欲的な店舗もあればそうでない店舗もあります。

 

そんな中、もっとも大切なことはシルバーウイングをもっとも評価してくれる店舗をみつけることに他なりません。

 

急いで売却してしまいたい方もいるかと思いますが、慌てて売却先を選ばずに当ページを最後まで読み進めて冷静に判断してください。

 

知識を身につけしっかりと売却先を選ぶことで、ある程度の査定額は期待できます。

 

 

 

もっとも気になる店舗を軸に2つ3つの店舗で査定額を比較する

 

バイク査定

もちろん最終的な売却先選びはユーザーさんの直感にお任せします。

 

ただ、どの店舗で査定するにせよ先入観で1つに絞らず、かならず2つ3つの店舗で無料査定しておいて下さい。

 

比較することで査定額も上がりやすい上に、査定交渉もこちらのペースで進められます。

 

また査定額に満足できない場合、競合他社がいることによって足を運んでくれた査定スタッフに不快感なく買取をお断りすることもできます。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。

 

ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

シルバーウイング400/600売却時の査定額について

シルバーウイングメンテナンス

ホンダのビッグスクーターにおけるフラッグシップ機として登場したのがシルバーウイング600でした。たしか2001年頃だったと記憶しています。

 

その後、好評だった600ccモデルをスケールダウンするカタチで追加されたシルバーウイング400。クラス唯一の並列2気筒ということもあり、街乗りから高速ツーリングまで幅広く対応できることも話題になり、250クラスのビッグスクーターから乗り換える方も多かったですね。

 

またスイッチひとつで燃料の点火タイミングや燃料噴出量を調整できるTモードや、ABS装備のモデルも続々と追加され、まさにホンダのビッグスクーターにおける完成形とよべる1台だと思います。

 

そんなシルバーウイング400/600売却時の査定額についていくつかポイントをお伝えしておきます。排気量こそちがえども400も600も共通する部分が多いので、どちらの方もご参考にして下さい。

 

まず査定額について考えた場合、初代モデルのシルバーウイングから、シルバーウイングGTに変更された2009年のフルモデルチェンジが大きく影響するかと思います。

 

これは排ガス規制の強化に対応するためにエンジンのセッティングを見直し、同時に全体的なフォルムも大きくイメチェンしました。かつてのクルーザー的なゆったりとしたイメージからフォルツァ的な若干戦闘的なフォルムになりました。

 

何度かリコールこそありましたが、中古市場では高年式のGTモデルがやはり人気です。初代モデルよりも5〜10万程度高額に取引されてます。同様に査定額も予想以上に違いのでご注意ください。

シルバーウイング400/600を売る前の準備

シルバーウイングカスタム

ビッグスクーターの売却において、もっとも査定額が低くなる要因といえば、他でもない中途半端なカスタム車両ということになります。

 

残念ながら中古市場では大多数の方がフルノーマル車両を好みます。買い手が見つかりにくいカスタム済みのビッグスクーターは査定額が安くなることを覚悟して下さい。

 

ちなみに今回のシルバーウイングやシルバーウイングGTについては、大半がフルノーマル車両、稀にカスタムされてもライトカスタム程度なのでその辺りの心配は不要かと思いますが…。

 

またシルバーウイングの場合、フォルツァやGマジェ、スカブ等の購入層とは違い、先入観かもしれませんが、比較的バイクに詳しい年齢層の高いオーナーさんが多いと感じます。その結果、程度のよい車体が多く、全体的な中古相場が維持できているのでしょう。

 

ただシルバーウイングにかぎらずビッグスクーターの場合、エンジンや足回りが確認しづらい事もあり、相対的に外装関係の状態が査定に影響する部分が大きいといえます。

 

稀にキャンディレッドの車体もみますが、多くはブラックやダークグレー系の車体の多いシルバーウイング、普段は気にならないような小傷や日焼け等も査定前にチェックして、可能な限り取り除いてから査定に臨んで下さい。

シルバーウイング400/600を高額査定してもらう

シルバーウイング転倒歴

400、600ともに中古市場では安定して売れ続けているシルバーウイングの場合、よほどの過走行車や劣悪な状態でない限り、まず希望通りの査定額で売却できるかと思います。もちろん複数店舗でしっかりと査定額を比較した上での話ですが…。

 

ただ、そこそこ大きな事故歴や転倒歴のある場合、残念ながら相場を下回る査定額になることは覚悟しておいてください。

 

本人としては軽い事故や転倒だと思っている場合でも、予想以上に車体に大きなダメージが残っているケースもあります。

 

とくにビッグスクーターの場合、外装関係のパーツを交換することで事故や転倒歴の痕跡を消せるように感じますが、基本的に事故や転倒歴の痕跡を完全に消し去ることは不可能です。

 

もちろん査定時に申告の無い事故や転倒歴によるダメージが発覚した場合、それ相応の減額対象となってきます。ご注意ください。

 

またリアホイールのスポーク強度が不足、燃料タンク内に腐食が起こりやすい等々、わりと頻繁にリコール対象となったことも事実です。

 

この辺りをコマメに改善している車体と、まったくリコール情報を無視している車体では微妙に査定額も違いがでてくることもあります。査定前にディーラーやメーカーサイトでリコール情報をご確認下さい。

 

シルバーウイング400/600の売却先選びは慎重に!

シルバーウイング査定申込み

ここまでシルバーウイング売却時のポイントや注意点を解説してきました。

 

当サイトを読んで下準備しておけば、まず相場以下という査定額は無いかと思います。

 

ただバイク売却はシンプルにみえる反面、1店舗だけでは高額になりづらい…という特徴があり、残念ながら今もなお引き継がれています。

 

言いかえれば、どんなに慎重に買取店舗を選んだところで、1店舗だけでは高額査定はゲットできないということです。

 

これには最終的な査定額の決定権が、現場の査定士やメカニックでなく、買取店舗の本部にあることに起因しています。現場が査定額をアップしようにも、比較する競合店舗の査定額が無ければできません。

 

なのである程度の売却先の目星はついていても、競合店舗で査定しておくことをお勧めします。

 

もし売却先選びに悩まれている場合、こちらのエントリーで各売却先の特徴をチェックしてみて下さい。管理人が実際に愛車を査定したレビューやおすすめ度を詳しくまとめているので参考になるはずです。

 

売却前にしっかりと知識を身につけ、ベストな売却先を選んで愛車を高値で売却してくださいね!

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓