バイク売る外装減額

バイク売るなら外装関係を点検しよう

カウルの割れ

当ページは「売却予定の愛車の外装関係が査定にどのように影響するのか?」、「査定前に外装関係でチェックすべき部分を知りたい」という方に向けて書いています。

 

 

バイク売却の査定時に査定士やメカニックが真っ先にチェックする部分・・・それは他でもない外装のカウル関係やタンク、シート類の状態になります。

 

というのも、最終的なバイクの購入者であるユーザーさんの多くは中古バイクを購入する時に、外装の状態を大きな判断基準とします。

 

とくにビッグスクーターやレーサーレプリカタイプのフルカウル車両となると、エンジンまわりや駆動系が確認しづらい分、外装の状態によって判断される傾向が強いといえます。

 

そのため、買取店舗や販売店の査定士やメカニックの多くは査定時の最重要項目として外装関係を徹底的にチェックします。

 

減額されると大きな部分です。愛車の売却が決まったら余裕をもって外装関係の点検を行い、査定前にしっかりと改善しておきましょう!

 

査定士やメカニックのチェックする部分は買取店舗によって様々

バイク査定

バイク売却時に車両がチェックされる部分は、どの店舗も査定基準もとづいて進められるため、基本的な部分に大きな違いはみられません。

 

しかし実際には、バイク買取店舗の買取りマニュアルも違えば、当日に出張される査定士やメカニックの知識や経験も違ってきます。そのためチェックされる部分も減額対象となる部分も変わってくるという面もあります。

 

そのため、前評判の良かった店舗が予想外に査定額が低く、ついでに無料査定を受けた店舗が最高額というパターンも多いのがバイク売却の難しい部分といえるかもしれません。

 

そういったユーザー側で予測できない部分を考慮して、できれば2つ3つの売却先を候補として売却を進めることをお勧めします。とくに業界シェアを競う大手の店舗で査定を受けることで競合他社の査定額を上げる効果も期待できます。

 

また査定額に満足できない場合、他店舗の査定が控えていることを理由に、相手に不快感を与えずにスムーズにお断りすることも可能です。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。申込むかは別として、ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

事故歴や転倒歴が一目瞭然のカウル類

外装関係の状態をチェックして確認できる部分といえば、他でもない事故歴や転倒歴になります。

 

ビッグスクーターやフルカウル車両の場合、カウル類に削れや擦れ傷、割れやヒビが見られた場合、程度は別として転倒歴や事故歴が疑われます。また程度によっては査定士やメカニックが事故や転倒の詳しい状況を訊いてくるかと思いますが、その際は正直に転倒歴や事故歴を詳細にお伝えください。

 

この時、査定額が大きく減額されることを恐れて、事故や転倒について軽めに申告する方がいますが、査定士やメカニックが知りたいのは事故や転倒に程度ではありません。

 

軽めに申告しようが、大袈裟に申告しようが減額についてはなんら変わりません。査定士やメカニックが知りたいことは、その事故や転倒によって他の部分にもダメージが生じているかどうかです。

 

正確に伝えることで査定時間も短縮できる上に、査定士やメカニックの方も効率よく査定が進行できます。

 

変に事故歴や転倒歴を隠したり濁したりすることで、査定士やメカニックの方は疑心暗鬼になって必要以上に細かくチェックします。
その結果、必要以上に減額ポイントが発見されて安く査定される可能性もありますのでご注意ください。

外装パーツの状態はバランスが肝心

エンジンjに傷

中には事故歴や転倒歴のある車両だが、ショップでパーツ交換を行って事故や転倒の痕跡を消したので自分の愛車は安心・・・という方もいるでしょう。

 

しかし査定士やメカニックは査定のプロです。基本的にどんなにパーツ交換しても、ある程度の事故や転倒の場合、痕跡をすべて消し去ることは不可能だと頭に入れておいてください。

 

ありがちなパターンとして、カウル類は年式相応に退色や小傷がみられるのに、燃料タンクだけやえにピカピカ・・・というケース。または左右の片側のカウルだけが妙に綺麗…というケース。

 

こういった全体のバランスが崩れている場合、査定士やメカニックの多くは見逃しません。綺麗にみえる部分は新品に交換されたか再塗装された部分になります。

 

つまり事故や転倒によって交換せざるえない理由が隠されているわけです。査定時に交換部品を申告する義務はありませんが、もし査定時に突っ込まれて困るのが嫌なら、査定前にしっかりと外装パーツのバランスを確認し、一部だけが目立つような状態は避けてください。

 

ひと昔前よりも効果の大きなケミカル類やコーティング剤が数多く販売されています。査定前にしっかりと外装パーツのケアを行っておきましょう。

 

(※洗車のポイントはこちらのページ、バイク査定前の洗車のポイントと注意点で詳しく紹介しています。)

外装パーツを固定するステーやブラケットにも注意!

また外装のカウル類がきれいな状態だからといって、事故歴や転倒歴が無い車体とは限りません。

 

それなりの転倒歴や事故歴のある車体の場合、カウル類を固定するステーやブラケット、そしてスクリーンを固定するリベット、まはたステップの根元やミラー取り付け部の根元などに何らかの痕跡は残ります。

 

多少でも歪みや捻じれが生じた場合、取付られたカウル類にも微妙なズレや歪みが生じてきます。また酷い場合はステーやブラケット部分の溶接部の塗装が捲れたり剥がれているはずです。

 

査定士やメカニックは、そういった部分も確実に発見します。査定時に減額ポイントを
減らすためには、事前にしっかりと点検し、外装パーツの固定部分までチェックしておきたいものです。

外装は見た目だけじゃない!振動やガタツキダメージがみつかる

スクーター査定

上記の注意事項、外装パーツの全体的な艶や退色のバランス、外装パーツの固定用のステーやブラケットの曲がりや歪みのチェックが済めば外装関係については査定で変に減額される心配はないはずです。

 

ですが査定士やメカニックの中には技術や知識の豊富なスタッフも沢山おられます。百戦錬磨の査定士の場合、上記の部分では発見できない事故歴や転倒歴を発見する場合もでてきます。

 

その典型的なパターンが振動やガタツキだといえます。簡単にいってしまえば「ガタ」とよばれる部分になります。

 

バイクというのは構造上、外部から大きな衝撃が加わると、各部のビスやボルトが微妙に緩んでしまったりリベット止めの部分の開口部が広がって、振動を拾いやすくなります。

 

つまり停止中は確認できなくとも、エンジンを始動させてアイドリング中に不快な振動音、ビビリ音となって現れます。この部分はヘルメット着用で走行するオーナーさんも見落としがちな部分になります。

 

ですが厳しい査定士やメカニックの場合、アイドリング状態で各部の振動や異音をチェックします。

 

できれば査定前に振動やガタツキを確認し、増し締めできる部分は事前に行って査定に臨んだ方が確実に減額ポイントは減るはずです。目視だけでなく、アイドリング状態で愛車の異音をチェックしてみましょう。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓