バイク査定前の洗車

バイク売る前に外装を綺麗に!洗車のポイント

売却前の洗車

「愛車を売却する前に査定額アップにつながる洗車方法を知りたい」または「査定前の洗車ではどんな部分に気をつけておけばいいのか知りたい」

 

当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

 

バイク売却の査定時に外装関係の状態が大きく査定額を左右することは、前回の記事、バイク売るなら知っておきたい外装の状態と査定額の関係でもお伝えしました。

 

そこで今回は、査定時の印象アップと外装関係の減額を減らすことを目的とした、最終的な査定前の洗車のポイントについてお伝えします。

 

やはり査定時にきれいに洗車されてワックスアップされた車両と、ガレージで埃をかぶっていた車両では査定士やメカニックのテンションも変わってきます。

 

普段から洗車を行っている方もそうでない方も、しっかりと査定前の洗車を実践してから査定に臨んでくださいね。

 

査定士やメカニックのチェックする部分は買取店舗によって様々

バイク査定

バイク売却時に車両がチェックされる部分は、どの店舗も査定基準もとづいて進められます。よって基本的な部分に大きな違いはみられません。

 

しかし実際には、バイク買取店舗の買取りマニュアルも違えば、当日に出張される査定士やメカニックの知識や経験も違ってきます。そのためチェックされる部分も減額対象となる部分も変わってくるという面もあります。

 

そのため、前評判の良かった店舗が予想外に査定額が低く、ついでに無料査定を受けた店舗が最高額というパターンも多いのがバイク売却の難しい部分といえるかもしれません。

 

そういったユーザー側で予測できない部分を考慮して、できれば2つ3つの売却先を候補として売却を進めることをお勧めします。とくに業界シェアを競う大手の店舗で査定を受けることで競合他社の査定額を上げる効果も期待できます。

 

また査定額に満足できない場合、他店舗の査定が控えていることを理由に、相手に不快感を与えずにスムーズにお断りすることも可能です。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。申込むかは別として、ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

バイクの洗車で注意すべき3つのポイント

まず査定前の洗車だけの話ではありませんが、洗車において注意すべきポイントが3つあります。

 

オーナーさんの中にはこの3つを気にせず、やみくもに水をかけて洗車される方がいますが、最悪の場合、車両の状態を悪化させ査定額を下げる可能性すらあります。。注意してください。

 

査定前のバイク洗車の注意事項
  • 傷のつきやすいスクリーン、ヘッドライトまわりは最初に洗うこと!
  • 水の流れは上から下へ、前から後ろへ!
  • 電装系には細心の注意を!

 

傷のつきやすい部分はスポンジやウエスのきれいな段階で洗っておく

売却前の洗車2

中には手っ取り早く洗剤水に浸したスポンジやブラシで全体を洗い始めるオーナーさんもいますが、洗う順番には注意しておきたいものです。

 

というのも、バイクの中でも表面がデリケートなスクリーンやヘッドライトレンズといった部分はスポンジに付着した小さな鉄粉や砂でも表面を傷つけてしまうためです。

 

そのため、スポンジの綺麗な最初の段階で洗い流すことがポイントになってきます。当然、塗装面がデリケートな車両も同様に最初に洗い流してください。

 

もちろんいきなり洗剤水に浸したスポンジは避けてください。いくら綺麗な状態のスポンジでもスクリーンやレンズ上に付着していた鉄粉や砂を巻き込んでしまえば同じ結果になります。

 

必ずスポンジで洗い流す前に、一度全体的に水をかけて表面に付着している鉄粉や砂を洗い流してから行ってください。

 

表面のデリケートな部分から傷つきにくい部分、油汚れの酷い部分という順に洗い流すのがスポンジ洗車の基本です。

 

具体的にはスクリーンやレンズ類→カウルやタンクの塗装面→エンジン回り→前後の足回りという順が理想といえます。

 

 

水の流れは上から下へ、前から後ろへ!

考えてみれば当たり前のことですが、意外と無視しているオーナーさんが多いのがこちらの項目です。

 

基本的にどんなバイクでも雨天走行を前提としています。よって日常生活防水はなされています。ですが防水といっても走行中や保管中の防水に関してです。

 

裏を返せば、走行中に正面から後ろに流れる雨や停止中に上から降ってくる雨には防水対策がなされていますが、それ以外の方向からの水には対策がなされていないわけです。

 

つまり下から上、後ろから前に向かってホースで水をかけることは、予想以上にバイクに水分を侵入させ、最悪はエンジン不調や電装系のトラブルにつながります。

 

後方から水を流せばマフラー内に水が入ったり、カウル内に無駄に水が侵入し、予期せぬトラブルを引き起こします。必ず上から下、前から後ろという水の流れを意識して洗車してください。

 

 

電装系には細心の注意を!

売却前の洗車3

そして最後。洗車においてもっとも注意しておきたい部分といえば、他でもない、電装系などの濡らしてはいけない部分を水気から遠ざけることといえます。

 

そもそもイグニッションコイルやワイヤーハーネスといった電装系パーツは、もっとも雨に濡れづらい部分に配置されています。通常の雨天走行では絶対に濡れない部分を選び、わざわざその部分に配置されているのです。

 

そんなイグニッションコイルやワイヤーハーネス等も、カウル内に向けて下から上に放水するなど、ありえない角度で水を流せば簡単に濡れてしまいます。

 

もちろん防水対策はなされていますが、角度によっては簡単にコネクターやカプラーから浸水します。コネクターやカプラーが浸水したことで錆が発生し接触不良というケースも多々あります。

 

電装系の位置関係をしっかりと把握しているオーナーさんは別として、ハーネスの配置はイグニッション関係がどこに配置されているか分からないオーナーさんの場合、とりあえず外装とエンジン下部、足回り等の洗車にとどめておいた方が無難だといえます。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓