バイク売却リアサススイングアーム

愛車売却前に確認しておきたいリアサスとスイングアームの状態

リアサス

今回は、フロントフォークやステアリング関連と比べても見落とされがちな部分、リアサスペンション、スイングアームのチェック項目と査定額への影響についてお伝えします。

 

こんにちは。管理人の小池です。

 

旧車やクラシカル車両にみられるコンベンショナルタイプ…いわゆる2本サスの場合は確認しやすいものですが、モノサスの場合、場所的にも確認しにくい部分でもあります。

 

そのせいか、こまめにメンテナンスされる方でもリヤサスやスイングアームはノーメンテナンスという方も目立ちます。

 

また毎日のように愛車に乗っているオーナーさんの場合、リヤサスのパフォーマンスが落ちても意外と気づかないものです。 それだけに査定士やメカニックとしては確実にチェックしてくる部分でもあります。

 

ぜひ査定前にリヤサスやスイングアームの状態を確認し、事前に対処しておいてくださいね。

 

現役査定士さんから訊いた高額査定のポイント

バイク査定

バイク売却時に車両がチェックされる部分は、どの店舗も査定基準もとづいて進められます。

 

よって基本的な部分に大きな違いはみられません。

 

ですが実際には、バイク買取店舗の買取りマニュアルも違えば、当日に出張される査定士やメカニックの知識や経験も違ってきます。
そのためチェックされる部分も減額対象となる部分も変わってくるという面もあります。

 

そのため、前評判の良かった店舗が予想外に査定額が低く、ついでに無料査定を受けた店舗が最高額というパターンも多いのがバイク売却の難しい部分といえるかもしれません。

 

なのでユーザー側で予測できない部分を考慮した上で、できれば2つ3つの売却先を候補として売却を進めることをお勧めします。

 

とくに業界シェアを競う大手の店舗で査定を受けることで競合他社の査定額を上げる効果も期待できます。

 

また査定額に満足できない場合、他店舗の査定が控えていることを理由に、相手に不快感を与えずにスムーズにお断りすることも可能です。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。申込むかは別として、ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

リアサスの種類と構造を知っておこう!

リアサス3

上記でも軽く触れましたが、リアサスの構造にはこのサスペンションタイプとコンベンショナルタイプが存在します。

 

旧車やクラシカル車両の場合、コンベンショナルタイプもそこそこ存在しますが、いまどきの国産車の場合、大抵はモノサスペンションタイプが中心です。

 

またモノサスペンションタイプの場合、リンク機構と呼ばれる方式で、スイングアームとサスユニットの間にリンクという部品が存在します。。
これは少ないサスペンションのストローク量によって大きくスイングアームを動かすための構造になります。 もちろん点検時はリアサスやスイングアームだけでなく、リンクパーツの状態も確認しておいてください。

 

リヤサスペンションとスイングアームのチェックしたい部分

 

では早速、以下に売却前にチェックしておきたいスイングアームとサスペンションのチェック項目をお伝えします。

 

スイングアームピボット部、リアサス取り付け部の状態 モノサスでもコンベンショナルでも。リアサスペンションにガタつきがみられる場合は、大抵はピボット部分のガタツキが原因です。

 

センタースタンドや車種にあった専用のスタンドによってバイクを浮かせた状態で、スイングアームを左右に強く動かしてみてください。

 

このとき左右にガタつきが見られた場合は、スイングアームのピボット部分の増し締めを行ってください。

 

基本的にスイングアームは上下にはスムーズに可動しますが、本来は左右には一切のガタつきがみられません。

 

スイングアームにガタつきがみられる場合、走行中やコーナーリング中に、挙動が不安定となり非常に危険な状態です。 そのまま放置して走行することで、スイングアームそのものや、リンクパーツの破損にもつながります。

 

交換すると高額なパーツですのでご注意ください。

 

また別な方法として、タイヤを接地させた状態でタンデムシートの上から体重を乗せてみます。 このとき「キーキー」、「キコキコ」と異音が生じた場合、リアサス取り付け部、またははリンクパーツのグリス切れを疑ってください。

 

ピボット部やリンク部分には劣化しやすい樹脂パーツが使われているケースが一般的です。

 

樹脂パーツにひび割れや磨耗がみられる場合は、グリスアップしてもいずれはまた同じような状態に陥ります。

 

耐用年数を考えた上でも、樹脂パーツを交換しておくことをお勧めします。

リアサスからのオイル漏れ

リアサス2

また買取時の査定でチェックされると痛い部分が、リアサスからダンパーのオイルが漏れている状態になります。

 

様々なタイプがありますが、リアサスのダンパーユニットはシリンダーとピストンやピストンロッドで構成されています。

 

しかしシリンダーとピストンロッドのオイルシールが劣化すると、ダンパー内のサスペンションオイルは漏れ始めます。

 

もしダンパー内のサスペンションオイルが漏れた場合、ロッドにオイルやオイルと付着したホコリが輪っか状に残りますのですぐに確認できるはずです。

 

車種によってはオイルシールだけを交換することができず、明らかなオイル漏れの場合はダンパーユニットごと交換を強いられるケースもあるかと思います。

 

またリアサスの種類によっては、ダンパーオイルと共に高圧ガスが封入されているケースもみられます。

 

こういったリアサスの場合、メンテナンス技術に自身のある方はサービスマニアル等で確認しながら交換作業、もし工具や作業場所に不安のある方は、お近くのショップに持ち込んで依頼した方が無難だと思います。

 

各部のベアリングのグリス切れ

リアサスのピボット部分やスイングアームの奥には、大小さまざまなベアリングが使用されているはずです。

 

基本的にどんなベアリングでも長期間乗り続けることで徐々にグリスが飛んだ状態になってきます。 そのため定期的にグリスアップは必要となります。

 

グリス切れが想定される部分に関しては、たいていはグリスニップルが装備されているはずです。 もしグリス用のニップルのある場合はグリスガンでしっかりとグリスを充填してください。

 

グリスガンを使用される際は、しっかりと発する情報からグリスガンを押し当てて、ベアリングの隙間からグリスがはみ出るまで補充してください。はみ出したグリスはしっかりとウエスで拭き取っておきましょう。

 

一方ニップルのない場合は、一度ベアリングを分解清掃したっぷりとグリスを補充してください。 またグリス補充時には必ずベアリングの摩耗や劣化も確認しておいてください。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓