バイク査定ステアリングフロントフォーク

査定額を左右するステアリングとフロントフォークの状態

フロントフォーク

今回は、バイク売却時に必ず査定士がチェックする部分の代表格といえるステアリングとフロントフォークについて詳しくお伝えします。
こんにちは、管理人の小池です。

 

一昔前の車両とくらべたら、最近のバイクのフロントフォークの剛性はアップしましたが、軽い転倒や小さな事故でも意外にダメージを受ける部分です。

 

またガッツリ曲がった場合は誰でも自覚していますが、微妙な曲がりや歪みの場合は、オーナーさん自身も気づいていないケースが多いものです。 査定時にはじめて曲がりや捻じれが発覚するケースも目立ちます。

 

とくにフロントホークやヘッド部分と行ったステアリング関連は、部品代もそこそこ高く、修理にそれなりの費用がかかってきます。

 

よって減額された場合は比較的大きな減額対象となってきます。ご注意ください。

 

フロントフォークのタイプには、構造によってボトムリンク式とテレスコピック式と2つの種類があります。 1部のスクーター車両に関しては、ボトムリンク式のフロントフォークもありますが、流通しているバイクの大半はテレスコピック式のフロントフォークになります。

 

点検前には必ず、愛車のフロントフォークの形状や構造を理解しておいてください。

 

現役査定士さんから訊いた高額査定のポイント

バイク査定

バイク売却時に車両がチェックされる部分は、どの店舗も査定基準もとづいて進められます。

 

よって基本的な部分に大きな違いはみられません。

 

ですが実際には、バイク買取店舗の買取りマニュアルも違えば、当日に出張される査定士やメカニックの知識や経験も違ってきます。
そのためチェックされる部分も減額対象となる部分も変わってくるという面もあります。

 

そのため、前評判の良かった店舗が予想外に査定額が低く、ついでに無料査定を受けた店舗が最高額というパターンも多いのがバイク売却の難しい部分といえるかもしれません。

 

なのでユーザー側で予測できない部分を考慮した上で、できれば2つ3つの売却先を候補として売却を進めることをお勧めします。

 

とくに業界シェアを競う大手の店舗で査定を受けることで競合他社の査定額を上げる効果も期待できます。

 

また査定額に満足できない場合、他店舗の査定が控えていることを理由に、相手に不快感を与えずにスムーズにお断りすることも可能です。

 

ちなみに管理人が利用して査定額・スタッフの質ともに納得だった売却先は以下にまとめています。申込むかは別として、ぜひ公式サイトでキャンペーン情報だけでもチェックしてみてください。

 

>>査定額・スタッフの質ともに管理人が納得できた売却先とは?

フロントフォークの種類と点検方法

前述のように、フロントフォークの構造には、大きく分けてボトムリンクリンク式とテレスコピック式がありますが、ここでは大半を占めるテレスコピック式のフォークについて説明します。

 

まず査定前に必ずチェックしておきたい項目は大きく分けて三つあります。

 

  1. インナーチューブのダメージとオイル漏れ
  2. フォークのねじれと歪み
  3. ヘッド周りのステムベアリングの状態

 

インナーチューブのダメージとサスペンションオイルの漏れ

フロントフォーク2

バイク買取時に査定時やメカニックが真っ先にチェックするのはこの部分になります。

 

テレスコピック式のフロントフォークの場合、伊那チューブとアウターチューブと呼ばれる2本のパイプを組み合わせて動作します。

 

この2本のチューブの中には、サスペンションオイルやダンパーが内蔵されているため、2本の嵌合部にはオイル漏れを防ぐためのオイルシールやダストシールが装備されています。

 

基本的にインナーチューブの表面は、各シール類を傷つけないようにメッキ加工がなされています。

 

転倒や事故によりインナーチューブ入りが歪んだ場合、またはが悪くメッキ部に錆や腐食小傷が出てきた場合、じょじょに各シール類を傷つけオイル漏れの原因となります。

 

査定前にチェックしておきたい部分は、保管状態による錆や腐食の状態、走行中の飛び石等で傷ついていないか、オイルシールやダストシールが劣化してひび割れを起こしていないかという部分になってきます。

 

もし小さな傷や錆や腐食がみられた場合、1000番から1500番程度の耐水ペーパーで表面をならし、極細のコンパウンドで仕上げれば元の状態に復活します。

 

ただし錆の進行がひどい場合や傷の状態が深い場合は、 残念ながらインナーチューブの交換といった選択肢となってきます。

 

とはいえ売却される愛車の場合、買取店舗や販売店が買取後に交換した方が安く交換が可能です。

 

状態を把握しつつも、そのまま査定に臨んだ方が得策といえるでしょう。

 

フロントフォークのねじれと歪み

最近ではフロントフォークの剛性も上がり、ねじれや曲がりに強いバイクも増えてきました。

 

しかし事故や転倒にあって意外な方向から衝撃を受けることで、簡単にフロント曲はねじれや志願歪みが生じます。

 

点検方法は、基本的に動作時の異音や離れた所からの目視になります。

 

フロントフォークに体重を乗せて、大きく沈ませた際に「カツン」といった引っかかりが見られた場合は、インナーチューブに曲がりが疑われます。

 

またフロントフォークが曲がっていなくとも、事故や転倒によって捻じれが生じている場合もあります。

 

センタースタンドでまっすぐに立てた状態で、少し離れた場所からフロントフォークとフロントホイールの状態を確認してください。

 

フロントホークとフロントホイールが微妙にずれて以来は多少のねじれが生じている状態。調整が必要な状態です。

 

この場合、フロントフォークを固定しているアッパーブラケット、アンダーブラケットの固定ボルトを緩め、強い力でフロントホイールに反対方向の力を加えてください。

 

ついでにアッパーブラケット、アンダーブラケットの固定ボルトのましじめも行っておくと良いでしょう。 これらの締め付けトルクに関しては、サービスマニュアル等に記載しています。メンテナンスの前には必ずご用意ください。

 

ヘッド周りのステムベアリングの状態

フロントフォーク3

次は、フロントフォークそのものを固定しているステアリングステムベアリングの点検になります。 ゆっくりとバイクを押した状態でフロントブレーキを強くかけてください。

 

このとき「ガタガタ」、「カックン」といった動きがみられる場合、ステアリングステムベアリングの状態だ破損しているか緩みが生じています。
またセンタースタンドかジャッキアップにより、フロントホイールを浮かせた状態で、両手でフロントフォークを握って強く揺らしてください。

 

同じように、ガタツキやグラつきが見られた場合、ステムベアリングの状態が磨耗している、もしくは歪みが生じています。

 

調整が必要です。 また、前後のガタツキを確認したら、今度はステムベアリングがスムーズに動いているかも確認しておきましょう。

 

フロントホイールを浮かせた状態でハンドルを目いっぱい左右にきってください。 このとき、ハンドルに渋い部分がみられたり、一部だけ重いと感じた場合はステアリングステムベアリングの破損が疑われます。

 

この時に注意してもらいたいのが、アクセルワイヤーやクラッチワイヤ、ブレーキホース類といった各ケーブ類の引っかかりです。

 

こういったワイヤー類、ケーブル類の張力によってハンドルの動きが渋い可能性も考えられます。誤解しやすい部分なのでワイヤー類とケーブル類の状態も確認しておきましょう。

↓小池の過去の売却データから選んだ査定すべき店舗とは?↓